2016/11/30 (Wed) ホタルイカを食べつつ商戦を思う


帰国するたびに日本のハロウィンの「のっかっちゃってる感」がなんとも本格的になりつつあって、たじたじ。そういえば先日連れて行ってもらったゴールデン街のバーで、お店の男の子の顔にものすごい傷が何本も走っておった。もう1人いたマネジャーもその筋風(あくまで、風、よ。わからんが)の人だったので、「そうか。ここはゴールデン街、スネに傷もつ者たちが集うのじゃろう」と思いつつ、帰り際に耐え切れずそっと編集さんに「さっきのあのヒトの傷って…」と訊ねたところ。
びっくりしたように「え、ハロウィンの!」といわれ、「あ、そそそうか、メイク、ですよね。メイク」と最初からわかってた風にごまかしたのだが。まだ日本のハロウィン浸透になれておらぬ者には心臓に悪いわい。そろそろアメリカの復活祭も上陸して、卵業界が鼻息あらくするのであろうな…。
そんな微妙な心もちな本日の食卓には、ホタルイカ。生のホタルイカなどこの海老名界隈では売っていないので、これも甲羅組さんから冷凍物を。コツは流水で急速解凍すること、という説明書きを(相変わらず)ちゃんと読まずに冷蔵庫で自然解凍してしまったので、ちょっと墨色に。それでも、うんまい。


これもまた甲羅組の蟹みそをちみちみ突つきつつ、黒龍ひやおろし。燻製の素で1日漬けたスモーク風味のタコ刺しに、鰯刺身。


万願寺唐辛子の焼きびたしに、胡瓜とわかめの酢の物。「これはお酒を呑む献立だねぇ」といいつつ、母もちびちびとビールを舐めている。「この頃、かなり呑めるようになっちゃって」と言いつつ、50cc! かくいう私はビール(だけ)は、呑めないのじゃが。

追記→今年から「ブラックフライデー」のセールも上陸したとかでびっくり。感謝祭あっての、しいてはネイティブアメリカンあっての、ブラックフライデーなのに…。アメリカ人がお盆に精霊馬を造るのと同じくらいの驚きである(そんなん見たことないけど)。
◆お徳用蟹みそ三昧の記事は、こちら

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<ご褒美そば | TOP | クラス会@ガクさん >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2696-33d19528

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS