2016/12/01 (Thu) ご褒美そば


母を説得して眼科に連れて行ったあと、国分寺そばにてお疲れご褒美ランチ。だれがだれに対してのお疲れ?といえば、やはり初めての細かな眼科検査に緊張した母にであろうな。
小さなころはこちらが説得されて嫌々医者に行ったものだが、いつの間にか立場が逆になっておることにしみじみ。しかし私をいま「医者に行け」としみじみ説得する者はいない、説得されぬよう不調を隠していたりもする(臆病者の悪知恵)。それゆえに何度も懲りずに痛い目にあっておるのだ。ああ、みずからきちんと病院に行けるようなそんなりっぱな人に…なれぬ気がせぬまま、すでに人生後半。


私は去年食べてすっかり気に入ってしまった牡蠣せいろ。喉越しのいいそばと、こくのあるつゆをたっぷり吸った大粒の牡蠣。そば湯で割ったつけ汁もまたしみじみ旨し。眼科で長々と待たされた疲れも癒される。


妹はあったかい牡蠣そばを。


両親はランチセット。メニューの品数の多さに惹かれて即決したくせに、「そばが少ない。そば屋なのだから、普通のそばにすればよかった」なんて言っておる。迷わず、目のまえの大きいほうのつづらを取るタイプ。


ランチセットの豆乳プリンをお気にめした模様。
ここのそば、こんなに有名で美味しいのに去年初めて来たのだった。これからはかかさず毎年来よう。といいつつ、毎日の昼ごはんに家で食べている納豆ひじきのっけそばも、かなり好きなのだった。滞在中、毎日そばを食べ続け、ルチンをせっせと摂取しておる(で、何にいいんだっけ、と例のごとく)。

国分寺そば
神奈川県海老名市国分南1-8-35

◆昨年の国分寺そばの記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<NYの豚足を想ふ | TOP | ホタルイカを食べつつ商戦を思う>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2697-a9d7e2a7

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS