2016/12/03 (Sat) せいこ蟹とどいた


11月初旬に解禁されたせいこ蟹。卵を抱いたズワイ蟹の雌のことで、2ヶ月間限定の旬の味である。予約はしていたものの、発送は順次で到着日は未定とのこと。しかも冷凍しては内子がドロドロになり風味もなくなってしまうので、届いたら二日以内に食べねばならない。いろんな意味でドキドキである。
NYに戻るまでに届くといいなぁとそわそわしておったら、ようやく届いた♪


ぷちぷちの外子、もっちりな内子、濃厚な蟹みそ。冷酒に合い過ぎてこりゃ危険。殻は、母が出汁をとって鍋にするのだと張り切っている。いい出汁とれそうだのう。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<ローズ上海で薔薇色のモダン中華に酔う | TOP | NYの豚足を想ふ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2699-8edd70ae

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS