2016/12/12 (Mon) 鶏のほう葉麦味噌焼き


日本から持ち帰る品が日ごと増えていくなか、カロリミットを買うか買うまいかで逡巡し、いつも飲んでいる友達に「調子はどうだい」ときいてみたところ…。「気休めだよ!」とはっきり一言。あ、やっぱり? 
しかしその後の、「でも飲まなかったらもっとデブってると思うと、止めるのが怖い」の言葉で、つい、その怖さの領域に踏み込んでしまう。もう戻れないかも。
さぁまた荷物が増える…しかもいまだに私は、旅行はスーツケースでなく、レスポの大きめナイロンバッグ1つを死守しておるのである(一週間でも一ヶ月でも同じバッグ)。いつか諦めて、いや明日にでも、大型スーツケースを買ってしまいそうな自分が怖い。じっさい商品レビュー見始めておるし。
そんな小さな葛藤の日の昼ごはんは、編集Sさんとわっぱ飯の店にて1年ぶりの再会。


ふたりとも、秋野菜と鶏のほう葉麦味噌焼きランチをば。前菜に季節のサラダ、焼き鮭といくらのミニわっぱめし、麦味噌汁、お漬物付きの充実ランチ。


ほう葉の香りと濃厚な麦味噌のしみこんだ鶏の滋味をとっくりと味わいながら、Sさんと出版にまつわる四方山話が尽きない。一部のベストセラーを除いて、出版界はひえこむばかりとのこと。そんななかでも、細く長く、こつこつと何かをつくっていけたらいいなぁ。それさえも大きな望みなのかもしれないがのう。
さて食後はお隣伊勢丹を見て回ってじっくりカロリー消費して(お財布の中身も消費せぬようにと用心しつつ)、夜の部へと参ろうぞ。

あえん
東京都新宿区 新宿3-15-17 伊勢丹会館4F

◆去年のあえんで再会の記事は、こちら

和もの | trackback(0) | comment(0) |


<<海鮮市場というほどには | TOP | 魚米で、魚の目玉と見つめ合う>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2705-844d4b2a

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS