2016/12/24 (Sat) 機内にて、和食


あー、ようやくNYに戻る日が来た。あまりにぐずぐずと更新しているせいで、このままじゃ新年通り越して来年の帰国日まで続くんじゃ?と思われる勢いであったが、実際には感謝祭まえに着いたのであった。
今回の帰国の一番の事件といえば、やっぱり箱根旅行中に父が倒れて救急車に乗ったことであろう。覚悟、というものを感じた夜。昨年は母の手術で看病に家事に大騒ぎだったし、来年は何が起こるのだろう。どきどき…。といまから心配しておっても仕方ないので、ひとり機内晩酌しつつ、読み収めの日本のファッション誌などをぱらぱらと。いやけっこう、添乗員さんに怖がられるぐらい真剣に。
先付けは、胡麻豆腐の山葵のせに、じゃがいもとジロール茸のキッシュ。


茜空と名づけられた八寸いろいろは、海老の和風タルタルソース掛けにキャビア。花れんこん、秋刀魚山椒、鰻巻き、鴨の塩漬け、衣かつぎ。
豚すき煮。柿なますの胡麻クリーム。鱧霜降り梅肉、河豚昆布〆。


台の物は、コクと旨みがたっぷりの和風牛タンシチューに、鮭味噌漬け。メニューを見ていたら、なぜだかこれにだけカロリーが書いてある。353カロリーだそうだ。あら低いじゃない♪ (ほかのものは忘れたふり) 機内にて炊きたてのご飯は、新潟奥阿賀産のコシヒカリだそう。
甘味の最中はパス。子供のころ、ノナカのモナカ~、などとからかわれた恨みとは関係なく。


途中の食事で、山菜うどん。出汁がしみじみ旨いのう。だいじょうぶよ、353カロリーだから(ちがう)。今回は夜着の便にしたのだが、それでもきっと時差ぼけは手ぐすねひいて私を待っておる…。

| trackback(0) | comment(0) |


<<メリークリスマス | TOP | 花梨酒と餃子>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2717-b4b7f70d

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS