2017/01/05 (Thu) 元旦ガンボ2017


どこからそんな慣習が我が家にできあがったのか…謎のまま、今年も元旦ガンボ。
なぜ元旦にガンボを食べたくなってしまうのか…ニューオリンズの人でも食べておらぬ気がするぞ。今年は、このダンジネス・クラブの殻でぐつぐつと出汁をとり(中身はもちろん美味しくいただいた)、


ニューオリンズで一番美味しかったガンボの店、ガンボショップのレシピでシーフードとオクラ、そしてニューオリンズのソーセージ、アンデューイが手に入らなかったのでチョリソを使ったガンボ。濃厚な蟹の出汁に海老のあまさ。オクラのとろとろ。うんまいのう、これが私のお雑煮がわり。
そしてもちろん今年もBGMはおなじみ、ドクター・ジョンできまり。


スモークサーモンと玉ねぎのケイパーとハラペーニョ・ピクルス和え。


ブロッコリーニの芥子あえ芽キャベツのスパイスロースト、いつもの晩酌皿は新年仕様にもならず相変わらずの大雑把かげん。新年でもぶれません。燻製卵に、燻したグリル用チーズを炙ったものが美味しくて。そして普通の野菜は、じつはこの日つくったばかりの海老塩をつけて食べたら、いいおつまみに。
元旦からガンボ、元旦から海老の殻でせっせと塩づくり…。やっぱり日本人だなぁ(ど、こ、が)。

ということで、明けましておめでとうございます。
こんなきっちりと日本情緒や季節感を無視したブログですが、今年も見捨てずによろしくお願いいたします。

◆元旦ガンボ2016の記事は、こちら
去年はザリガニでつくったんだなあ。今年は手に入らず残念。よし今年の抱負にしよう…。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<海老塩づくり | TOP | ウェストヴィレッジでプンタレッラに再会 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2729-bb826c84

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS