2017/01/19 (Thu) ふっかりパン焼き上がり


SNSで友人がすごく美味しそうなパンのレシピを紹介していたので、うちの「燻製もつくるがパンも焼くよ」隊長に、右から左にレシピを横流ししてつくっていただくことに。なんでも、私が日ごろ飢えておる日本のパン屋さんみたいなふわふわの焼き上がりになるらしい。
普段はラスティックなイタリアンブレッドがお好みの隊長であるが、チャレンジ魂を刺激されたらしい。早速たちあがってくれた。頼もしいぞ、隊長。しかし正確な発酵時間より自分のお昼寝時間を優先させたいがため、勝手にレシピを「数時間発酵→一晩寝かせて発酵」に変えてしまった。ええー最初からそれ…。
とりあえず、無事できあがった生地を成型。生地を触ってはだめだといわれるが、この欲望に逆らえる者が果たしてこの世におるのだろうか。ちょん。ほぅ、やわらかい。いっそにゅうっと握り締めたい(自分で台無しにする気か)。


オーブンからいい匂いがたちあがり、焼き上がり。大好きな石井好子さんの本に「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」というタイトルがあるが、ここロウアーイーストのキッチンにもバターとミルクと卵のにおいが充満して、幸せ。食べればもっと幸せ。


日本のパンのような柔らかしっとりの生地にほのかな甘さ、懐かしい味。焼きたてパンに顔がほころぶ。
ただ正直をいえば、見本写真や友人が載せていた写真より膨らみがやや少ない気がするが…やはりオーバーナイト発酵のせい? 真実わからず。いやいやこれでも十分すぎるぐらいに美味しいです、隊長。
今度は、友人がやっていたように、この生地でハムチーズパンやツナマヨパンにも挑戦してみたいのう(隊長が)。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<さっくりふんわりサーモンケーキ | TOP | 蕎麦がきいりの水炊き、うまし >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2741-46321b2b

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS