2017/01/20 (Fri) さっくりふんわりサーモンケーキ


忘れたころにアップする~、習いごはんものコーナーじゃよ~(お馴染み更新気まぐれすぎるよ音頭)。
本日のひろこ師匠の料理教室、主役はサーモンケーキ。おお、サーモン缶なら常備しているから便利…、


と思ったら、生のサーモンですか、師匠! こりゃ手間がかかる…と尻ごみしておる時点で、致命的にだめな丁稚の烙印が。
でも新鮮なサーモンに香味野菜、スパイスでつくるサーモンケーキは絶対に美味しいはずじゃ。思わず「師匠~缶詰で代用可能ですかぁ?」などと、学ぶ気満々のかわいい若奥様たちのまえで声をあげる勇気もあらず。
ええ、やりますとも、ここはいいちこエプロンの紐締め直して、生で。生鮭で(繰り返すほどにハードル高いのか?)。


成型したらば、フライパンでじゅー。すでにいい香りがたちのぼる。


そしてソースには、我が家でもおなじみの流し目姐さんが。一気に親しみがわいてきた。このチポトレペッパーのアドボソース漬け、スパイシーでソース作りにはもってこいである。


たっぷりのトマトやズッキーニ、ペッパーは丁寧に調理してラタトゥイユに。


フレッシュトマトのソースはブルスケッタにたっぷりと。冷製パスタや肉や魚料理の付け合わせとなんにでも活躍してくれそうじゃ。


外はさっくり、中はふんわりまろやかなサーモンケーキ。缶詰代用オケー?などとつぶやいた私がわるぅござんした。野菜たっぷりのラタトゥイユも体に優しくしみこんでいく。
お次は、菜箸づかいがコツのデザート編いってみます。

習いごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<いとしのミルクレープ | TOP | ふっかりパン焼き上がり >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2742-abea47a9

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS