2017/02/05 (Sun) 半個室は謙遜か問題@Riki


お茶の稽古の後、友人たちとジャパンソサエティへ。ボランティアで働く友達にツアーをしていただきながらのギャラリー鑑賞、作品の背景も解ってぐんと楽しくなるなぁ。もっと知りたい、その続き。と、鏡の後ろを覗き込むように、作品の先にや後ろにあるものまで見たくなる。といって、自分できちんと予習していくかというと、これがそうでもない。
アートは背景知ってよし、いきあたりばったりも、またよしじゃ(怠け者の言い訳)。
そのままRikiに移動して、居酒屋ごはん。えのきバター、ポテトサラダ、蓮根てんぷら、海老チリ。たまに「そうくる?」という解釈の料理もあるが、基本は慣れ親しんだ味。創作居酒屋風とかではなく、昔から慣れ親しんだ正統派居酒屋の味オンパレード。ポテサラも、うんこれだ、の懐かしい味。こういうのがいいのう。


脂のりのりなしめ鯖に、


あん肝は言わずもがな、の我のチョイス。きりりと冷えた巽蔵(たつみぐら)が進むけん。


これは、「そうくるか」の部類のデザート。白玉ぜんざい、というよりはあんこ盛り白玉添え、といいたい…。
Rikiで予約するときはいつも「個室で」とお願いしている。たいていは「半個室ですね?」と訂正されるのだが(ほぼ個室に思えるのだが、小さな謙遜か?それともそういわないと、客に「ここは個室度3/2しかないじゃないか!」とか文句が出るのか)、ここがあんな話もこんな話もできて、和食店にありがちな「顔見知りが近くにいることにしばらくしてから気づいて、あっ、もしやさっきの聞かれてた?と焦る状態」にならなくて心地いいんである。ま、まぁそんなマズい話をしておるわけではないのだが、そこはそれ。

Riki
141 East 45th Street, New York, NY 10017

◆以前、来たときにアメリカ人の友人が「そうくるか」というおにぎりの食べ方をしていた記事は、こちら

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<困惑の実り | TOP | 海老、剥いては食べ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2758-b8afe7f8

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS