2017/02/11 (Sat) お魚屋さん開拓


日ごろは出不精の私だが、新鮮な魚をおいている魚屋に関してはフットワークが軽くなる。本日はミッドタウンの西はずれで新しい魚屋さん開拓じゃ。
爽やかな海風が吹いてきそうな店名に店構えではないか。


おおすばらしいっ。目当ての地中海産タコはもちろん、ストーンクラブに珍しいコンク貝、アメリカ産のザリガニ(中国産も多いので)、ロブスターの生簀。ほしいものが皆そろっておる。
どれもこれも新鮮そうでお目目ぴかぴか。テンションがあがりまくる。美術館でも高級ブティックでもなく、魚屋でこんなに歓喜しておる自分。どうなんでしょうか、そんなNYライフ。
どっしり重たいタコのほか、あれこれ仕入れて魚屋で散在…。だ、だいじょうぶ、美術館の入場料より高いけど、プラダのブラウスよりは安いから。


缶詰やスモークサーモン、調味料も充実。これは地下鉄乗り継いで来る価値ありだのう。つぎはアメリカ産のザリガニも試してみたい(よく見かけるのは中国産が多いので)。
隊長は、私がうかれて歌う「かわいい魚屋さん」の節を覚えてしまったようだ。かっわいいかっわいい魚屋さん。でも魚屋はたいていごついおじさんばかりで、可愛くはないのだが。たっのもしい頼もしい魚屋さん…。

Sea Breeze Fish Market
541 9th Ave New York, NY 10036

食の買いもの | trackback(0) | comment(0) |


<<国際食料品店 | TOP | 茹でダンジネスクラブ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2765-36593640

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS