2017/02/16 (Thu) TonTonにて明太子を敬う


晩ごはんは、お茶の稽古仲間と、このブログでは登場度の高い博多TonTonさんにて久々の一杯。曜日がべつの日になったから、なかなか会えなくなっちゃったねぇ、と言っていたのだが。彼女は郊外からマンハッタンに引っ越してきたばかり。遊ぶ気満々。不良主婦の道へようこそ。
まずは炙り明太子などをつまみに、近況話。
明太子。魚卵好きにとって、なんと完成度の高い、崇高かつ庶民的な食べ物なのであろうか。たらこも旨いが、そこに刺激が加わり、さらに炙って風味は凝縮。この世に存在してくれてありがとん、明太子。


薄桃色が麗しい新鮮なかんぱちは、博多おろしで。博多おろしとはなんぞやと思ったら、


これが奥さん、ほぐした明太子たっぷりの大根おろしではないの。博多おろし、これだけでもじつに旨い。これを脂ののったかんぱちにのせて食べればまさに博多風味パラダイス。


さぁそろそろアレが焼けたころかな。くるかな、と思っていたら、やって参りました。黒豚とんそくの塩焼き、コラーゲンぷるんぷるん、表面は香ばしく。完璧に中毒状態じゃ。


最後はあつあつの鉄鍋餃子で〆。
ありがたいことに「つまのつもり」を読んでくれたという彼女、さかんに「そうかぁ。ともそさんてそうなんだぁ」と繰り返す。ち、ちがうって。と繰り返しても「そっかぁ」ちーがーうー。…ま、まぁ、でも似ている部分もある。でも違うから。って、私は何を抵抗しておるのか。

Hakata Tonton
61 Grove St, New York, NY 10014
◆アート観賞の後に来た「アートんそく」な記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<アイクリーム葛藤 | TOP | ストーンクラブも叩きまくり >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2771-3dd2726c

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS