2017/02/24 (Fri) 饗屋さんにて至福コロッケ


今宵は大好きな饗屋さんにて、師匠と一杯(のはずないでしょが)。イーストヴィレッジのこの階段を下りれば、そこには麗しくも舌踊る和食の楽園がまっておる。


黒龍、一杯じゃなくて一本でね、園さん♪ お、師匠はビールがチェイサーですか。


さっと出してくださった前菜には、初めて食べたスギの西京漬けが。スズキ目に分類される海水魚だそう、脂がのって旨し。まったりと甘くコクのあるりんごと出汁のスープ、焼きしめ鯖とキャベツの浅漬けのミニサンド、感動のひと口。あと十口いっときたい…。
味噌の味がこっくりしみた和州但馬牛の味噌漬けは、舌先と根元で異なる食感が味わえる。ふわりと優しい出汁巻き卵に、お造りで出していただいた甘えびの殻を揚げたものがまたいいアテになる。


富山のホタルイカは葛醤油と酢味噌で。以前、ホタルイカは丁寧にひとつずつ目やクチバシを取り除くのだと園さんが言っておられた。その丹精こめたひと手間が美味しい一口にかわるのだのう。その証拠に以前自分でやってみたら…なぜだかイカが頭と胴体でことごとく分離してしまい、自暴自棄の若者のごとく「口に入りゃなんでも一緒だろ!」と投げやりになったことがあったっけ…。


「ちょっと待っててくださいね。二種類の白子のどちらがいいか確かめてるんで」とのお言葉で待っていたら出てきたのは、アイスランド産の白子のポン酢。うーん氷の国からやってきたふわとろの白子に、深くうなる。


本日のお造りはメイン州からバフン雲丹に甘えび、北海道の生ダコに有明海のぷりぷり生クラゲ。シアトルのまぐろ赤身に長崎のヒラマサ、和歌山の縞あじ。サウスカロライナの炙り〆さわらに、スコットランドのサーモントラウト、千葉の金目。
美しいお皿に世界が泳いでいる。


鮑の白トリュフコロッケ、鮑がごろごろ、においたつトリュフの芳香。ああ、また今すぐにでもいただきたい。師匠は何かをひらめいたようで、そこから色々な海鮮コロッケのアイディアを繰り広げておられる。神にあらたな神降臨…の情景をアテに横で酒を啜る幸せよ(やや尊敬に欠ける図)。次に教室でいただくのが楽しみじゃ(教わるのが、だろうに)。


ひよこ豆とさつまいものぜんざいに、


煮込み南瓜にシナモンと蜂蜜とろりのアイスクリーム。園さんの腕には最初から最後まで感嘆と満足のため息の連続じゃ。そして、カウンターに隣り合わせた酒サムライのC子さんやショコラティエのCかさんとも意気投合し、船上のキッチンで繰り広げられる過激な情景を聞いては大笑いしたのであった。


カメラを向けるとついヘン顔してしまう園さん、今宵もごちそうさまでした。
表に出ればすずやかで気持ちよいイーストヴィレッジの夜の空気。師匠と目をあわせ、うなずきあい、近くのバーへと流れる私たちであった。そして柄にもなくマジメなことを語らっていたら、流しのバンドがやってきて、ルイ・アームストロングばりの演奏と歌を聞かせてくれた。純和食のあとのこの転換。やっぱりNYは面白い。

Kyoya
94 E 7th St New York, NY 10009

◆今まで行った饗屋さんの記事は、右下の検索窓で「饗屋」と入れてもらうと、でてきますよん♪

| trackback(0) | comment(0) |


<<あん肝づくり | TOP | タコゆであがり>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2779-c148938d

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS