2017/02/28 (Tue) フクロウ通


茶友のHちゃん&Yちゃんと梟にて一杯。Hちゃんが「このお店、前から来てみたかったんだー」とリクエストした店、私は何度も来ておるので、「ああ、ここはね、コレとコレがはずせなくてね」などと通ぶってみる。通ぶるって気持ちいいのねー、喜んでもらえると。そうでなければただのウザい人。喜んでもらえていると思い込むのもまたウザい人。どきっ。


はずせぬシリーズその1、アボカド豆腐。ねっとりとまろやかなアボカドの香りが舌を滑り、言葉も滑るよ滑る。「美味しい~」の声をいただき、通ぶり人、にんまり。


はずせぬシリーズその2、これのために来ておると言っても過言ではないずる手羽。ひとり1本ずつ頼んだけれど、すぐさまもうひと皿追加の声。圧力鍋を買ったばかりだというYちゃんを、「いったん圧をかけて柔らかくしてからグリルすればできるかな、やってみてぇ」とそそのかす。


和布の天ぷら、磯の香りがさっくりと。旨し。
ここで「今年はどう生きたいか」という話になり、二人が「今年はいい人になりたい!」と美しき抱負を語るなか、「う、私は抱負を考えられるような人になりたい」…しいていえば毎年言っている気がするが、「丁寧に生きる」かのう。脱、雑人生(たぶん、無理)。


ここのハマチネギ巻きカルパッチョは、タレの味が濃い目なのが惜しいが、魚ものが欲しいのでつい頼んでしまう。これ、オリーブオイルと柚子胡椒かなんかで食べたいのう。


そろそろきました、がっつり系。「私、食がお子ちゃまなのー」とのたまうYちゃん所望のオムそば。ごぼうの天ぷらに黒豚の角煮。ここでも圧力鍋で角煮を作る、ぜったい作る、の話題で盛り上がり。私とHちゃんは、家にあるもののなんとなく怖くて近寄れないんだけど…手軽に扱ってみたい…魅惑の圧力鍋ワールド。


私も最後に何食わぬ顔で自分の好みを差し込み、しめ鯖ロール。
数日後、Yちゃんからは成功した角煮写真が送られてきたのであった。いいなぁぁ。フタ、カタカタカターと恐ろしい音で鳴らなかったらしい(鳴り続けるフタが吹っ飛ぶ脳内恐怖イメージ)。

Fukurou
87 MacDougal St New York, NY 10012

◆今まで行った梟さんの記事は、右下の検索窓で「Fukurou」と入れてもらうと、でてきますよん♪(ま、毎回同じようなもの食べて おるけれど)。

| trackback(0) | comment(0) |


<<前髪運と麻婆豆腐 | TOP | 妹からの贈り物>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2782-64a2ff6e

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS