2017/03/05 (Sun) 六ツ木


本日は、急にロンドンへの転勤が決まったバリキャリ・ウーマンの友人、Rラちゃんの歓送ディナー@六ツ木。開店を待ちかねていた、大好きな博多TonTonのシェフだった萩原好司さんがオーナーシェフを務めるお店。


まずは、スターターにちょうどよろしいトッピングが選べるカナッペを。あえてクラッカーではなく寿司飯でもなく、クリスピーライスなところを合わせてくるところがニクいのう。私は雲丹、ズワイガニ、トリュフを。甘やかな雲丹にかりっと香ばしいお米の食感が素晴らしい。


どれどれRラちゃんのチョイスはというと(人のものも気になるタイプ)、トリュフにスパイシーツナにセビーチェ。トリュフの香りたっぷりの茸ペーストにぴりっと胡椒粒の刺激、異なる次元の味たちが口のなかで遊ぶ愉しさよ。


カンパチのカルパッチョはラディッシュのスプラウト、山葵、ポン酢で。新鮮な海の滋味をさらし玉ねぎとさわやかな酸味で清々しくいただく。


TonTonでも好きだった鉄板焼き棒餃子にここでもお目にかかれて嬉しい嬉しい、とはふはふ熱々を頬張る。RラちゃんもIt's so goo~~~dと感動中。


柔らか黒豚のとろとろ煮込みは、ふかふかの特製パオに挟んで。和辛子粉ぴりっ、胡瓜でしゃっきり食感を添えて。
楽しく味わいつつも、急なロンドン赴任を承諾し、長年住んだNYの部屋をあれよあれよという間に引き払う手続きを進めるRラの決断力と行動力にあっぱれの拍手をおくる。寂しいけれど、すでにバルセロナかパリで会うのもいいよね、などと夢膨らませる我々である。


トリュフコロッケ、さっくりとナイフを入れれば禁断の味がとろけ出る。こんな贅沢なコロッケを食した後で素朴なじゃがいもコロッケミンチ少な目にどう戻ればいいというのか。いやそれも好きだけど、これはまた至福の味じゃ。


そこにきてまたまた贅沢な逸品が。合鴨叉焼にふんだんに削られたパウダーのフォアグラ。口のなかでとけるフォアグラの淡雪と力強くとどまる鴨の滋養。口のなかが細雪(美味しさによろめいて意味不明)。


Rラちゃん、〆の炙り叉焼醤油ラーメンいったぁ。い、いいよ、いいよ、引っ越しで体力いるもんね、うん。その場で注いでくれるスープの濃厚な旨みがこちらの鼻先にまで漂い、幸せに。友の新たな旅立ちを祝うにふさわしき、楽しく冒険心に溢れた晩餐であった。

ROKI Le Izekaya
12 W 21st St, New York, NY 10010

| trackback(0) | comment(0) |


<<ぴり辛チャヨーテ漬け | TOP | 冬のいちじくさん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2787-801dd790

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS