2017/03/07 (Tue) サンドロ・キア展


フィレンツェの生まれの画家、彫刻家サンドロ・キア展へ@Marc Straus Gallery。
ずっと眺めていたら、物語がつぎつぎに産声をあげそうな作品に魅了される。


というより、すでにいま書いておる物語の主人公にものすごくしっくりくる…。交渉して使わせてもらおうか(身の程知らず)。
個性、というより、個人。潔い、ただの個。
人はそれぞれどんなふうに生きておっても、個をあたりまえに抱えているんだなということを、しみじみ伝えてくれる。

Marc Straus Gallery
299 Grand St, New York, NY 10002
サンドロ・キア展は4月2日までやっているので、興味のある方はぜひ。ご近所なので、私も何度も足を運んでしまいそう。

楽しみもの | trackback(0) | comment(0) |


<<ブラッドオレンジのマカロン | TOP | ぴり辛チャヨーテ漬け>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2790-f26deaf2

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS