2017/03/20 (Mon) 2017セント・マーティン島3日目~オリエント・ベイにてイケイケ水着を眺める


グランカーズの海が好きすぎて(→浅瀬で穏やかなので半金槌にもってこい&魚も雲丹もいる)他の海では泳がぬ、親分に忠誠を尽くすグランカーズの僕みたいな私たちだが、島にいる間に一度は出向くのが、オリエント・ベイのビーチである。


特に去年は小綺麗に生まれ変わったはずのショップ・オーナーたちが家賃高騰にストを起こして大騒ぎだったので、どう決着がついたか見てみたい…。私は視察員か。しかも泳ぐつもりはないので、水着はもっていかず、ただうろうろ。視察員、浮いてます。
ビーチにはカラフルにペイントされたショップが並ぶ。以前にあったちょい怪しげな土産物小屋がなくなってしまったのは残念じゃが、そこの押しの強い物売りのドレッドヘア兄さんたちは、ウォータースポーツやビーチグッズの客引きとして活路を見出したようにも見えるのであった。


相変わらず誰が着るのかというイケイケ水着ショップも健在。ヘイ、Sexyダイナマイト!と声をかけたくなるマネキンのポーズ。


何やら平和な景色の向こう側で悲喜こもごもありそうなオリエント・ベイがこれからも平和でありますように、と視察員は仏像の頭に祈るのじゃった。これ、確か2007に初めてこの島を訪れてオリエント・ベイに泊まったときからあった気がする。なじみすぎて違和感なし。

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<相変わらずの島の昼ごはん | TOP | 小さなテーブル >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2802-0799e9e4

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS