2017/03/27 (Mon) 島の朝ごはんと悔しきゆで卵


朝散歩を終えた後のコーヒーと朝ごはんタイム@バルコニー。野菜やクラッカーにゆで卵、そして南国の果物を入れたヨーグルトかフロマージュ・ブランが定番じゃ。この日のフルーツはスーパーで買ったパパイヤ(とあまり南国っぽくないラズベリー)だったのだけど、熟れ具合が足りなかったのかな? パパイヤの甘みが淡白。


しかし翌日からは、マンゴー祭りが始まったのである。宿主さんが庭で採れたマンゴーを山ほどくれて、食べきれん状態。例年なら島のマンゴーは熟れるのが5月ぐらいとのことでいつもは露店かスーパーで買っていたのだが、今年は早く実ったから「買わなくていいよっ」との頼もしいお言葉。わーいわーい。隊長は、アメリカから持ってきたシリアルのファイバーワンをたっぷりと。甘いシリアルは苦手だけれど、これは繊維たっぷりで砂糖なしなので。シリアルのファイバーとマンゴーのファイバー、繊維とれとれ。


いつもは大きなジャーのヨーグルトやフロマージュ・ブランを買っておるが、近所の店になかったので個別で。この日はフェッセル。フロマージュ・ブランの水分を切ったもので、こんな小さな容器なのに中はちゃんと二重構造でザルで水気を切っている。まったり濃厚、コーヒーでなくて、ワインでもいける…。


この日は中毒気味の亜麻の種クラッカーと。ゆで卵の表面、がたがた…。というのも、せっかく家からダイソーで買いし卵の穴あけ器を持ってきたのに。寝ぼけていて使うのを忘れ、そのままゆでちゃったのだ。穴開けを忘れたことに気づいたときの悔しさといったら…(一瞬熱い湯から素手で取り出しそうになったわ)。島の卵は新鮮なのか、すぐに流水で冷やしても全然うまくむけてくれん(泣)。

◆島の昼ごはんの記事は、こちら
◆自分用お役立ちメモ、ヨーグルトとフロマージュ・ブランなどの見分け方は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<小さな小さな自然博物館 | TOP | キュル・ド・サックのスーパー >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2810-e8939c9c

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS