2017/03/28 (Tue) 小さな小さな自然博物館


本日は火曜日。
せっかくのグランカーズ町内祭り、ハーモニーのある日なのだが、昨日からすごい強風と雨…椰子の葉がわっさわさとなびいておる。もしかして中止かなぁと案じていたら、案の定今日はやらない様子。残念。しかし例のごとくギリギリまで解らないカリブ・モードなものだから、祭りお目当ての車はどんどん押し寄せるわ、だけどいつもなら警官が出動する交通規制はなしだわで、グランカーズ・ブルバードは大混雑。


そんな中、以前から気になっていたミュージアムが開いていたので覗いてみることに。ここは多分島でいちばん小さな自然博物館。


小さな空間におさめられたこの島のさりげない自然がいとおしい。ちっこい蟹が可愛くて、しばらく眺めてしもうた。


館内には、私たちがセント・マーティンの生物を知るうえで、本当にお世話になっておる「The Incomplete Guide to the Wildlife of Saint Martin」が。そう、ここは著者である自然研究家のマーク・ヨコヤマさんが運営している博物館なのだという。知らなかった私たちは、建物のまえで談笑していたマークさんを見つけて大喜び。追っかけか?
ニューヨーク、ブルックリンに住んでいた彼は、島の自然にほれ込み、2009年にセント・マーティンに移住。研究、レクチャーにいそしむマークさんの記事や写真は、「エコノミスト」や「ニューヨーク・タイムズ」他各メディアにも掲載されている。
彼によると、なんと親切なこの建物の持ち主が去年から無料でスペースを貸してくれているのだとか。ボランティア・ベースで週2度、午後4時から8時のあいだ開館しているとのこと。


にこやかに自然について語ってくれる、島の自然博士みたいなマークさん。本当にこの島の生き物を愛しておるんだなぁ。私ももっともっと知りたい、出会いたい…。

◆以前、マークさんにお目にかかった記事は、こちら
◆以前、The Incomplete Guide to the Wildlife of Saint Martin
こちらのサイトからダウンロード可能。
◆アマゾンのマーク・ヨコヤマさんのページは、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<フォアグラ勝敗がゆらいだ日 | TOP | 島の朝ごはんと悔しきゆで卵>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2811-86db6b1c

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS