2017/04/05 (Wed) 馬を見に


夕方ドライブは、キュル・ド・サックから丘を走り、馬やロバを見に。


ひと気のない場所だから、馬たちの期待度も高い。もわぁぁんと寄ってきてしばらく見つめてくる。あ、朝ごはん用の人参をもってこようと思ったのに忘れてしもた。ご、ごめん。
「なんだ、くれない人か……」と見極められ、またもわぁぁと去っていく。きっと彼らの中には「くれる人」と「くれない人」の分別しかないのであろう。この見極められた感。いや見限られた感。身に覚えがある。たしかにある。いつだったか。あのときか、いやあのときか。
あとこれは、自分でもやってやしないのだろうか。きっと……どこかでやっている気が。お酒を一緒に飲んでくれる人、くれない人。一緒にいて楽しく過ごさせてくれる人、くれない人…。くれくれにならんよう気をつけるべ(→神奈川育ち)。


き、気を取り直して夕飯へ。

◆ロバさんを見つけたときの記事は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<果樹の庭 | TOP | 鴨のデュエット、あんこうも歌う>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2821-84648ba8

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS