2017/04/19 (Wed) いつものビーチは腹が減る


いつものビーチ。白砂続く広々としたオリエントベイの浜辺より、やはりここに惹かれてしまう。ビーチチェアもパラソルもいらん。生き物がひそむ珊瑚や岩があれば。


泳いだ後は、椰子の木陰でのんびり本でも読みたいところじゃが、


雲丹を見れば、毎年毎年毎年、「軍手とトングでこれを採る」自分をしつこくシミュレーションし(勇気がなくて逡巡)、


小魚や沢蟹を見れば網ですくってさっと片栗粉まぶして揚げる様を思い描き、こぶりのサヨリにいたっては「こんなに細くてもさばけるだろうか」といらん心配をし、食欲だけがむやみに刺激されるビーチライフなのであった。

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<固き殻に包まれた美味魚 | TOP | フレンチ・バゲット食べ比べ~その4>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2835-2e3179ed

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS