2017/04/21 (Fri) またきた店で、遂にクラブ・ファルシ堪能


夕陽が沈むとともに、ゾンビのように人々は皆、ぞろぞろとグランカーズ・ブルバードの目抜き通りへと吸い寄せられていく。そんな人々の後ろ姿をファッションチェックし、「あ、あの人はアメリカ人」「あの麻のシャツの粋な着くずしはフランス人だね」「サンダルに靴下、もしやドイツ人かも…」などと何の役にもたたぬ決めつけをして遊びながら、我々も晩ごはんへと。


おとといも来たのに、また来てしもうた、ロロのスカイ・ザ・リミットさん。まだテーブルはすいているが、7時を過ぎるとあっという間に混んでくる。


訊いてみたところ、やっぱり本日もロブスターもコンク貝もなし。じゃあ一体いつあるんですか? そんなにない日が多いなら、いっそメニューからはずして、「ロブスター本日ありマス」の特別メニューにしたらいいんじゃないですか? などと心の憤懣を1/10ぐらいに減らして柔らかく訊ねたところ、
「そうねぇ、火曜とか水曜?」とのこと(語尾疑問形)。でも以前来たときは別の曜日にもあったから、適当かもしれぬ。いいの、いいのよ。


だって今日は一昨日なかったクラブ・ファルシがあるというから。
そして何度食べても飽きぬ絶品チキン、サイドメニューの蒸し野菜を盛り合わせてもらう。すでにカスタマイズできるほど、屋台村に馴染んでおるのだ。野菜の投げやり感も愛嬌を添えて、やっぱり美味しいのじゃ。ここのジューシーな鶏の旨みと、ふっくら表面は香ばしき蟹の詰め物。蟹肉少ないけどそれでもいい、それもいい。姿もいい。


隊長は、「また肉?」「どうせ肉でしょ」「ああ、あんたは肉が好きさね」という私の眼光に負けたのか、自主的にガーリックシュリンプにライス&ピーズ、コールスローのセットで。にんにくたっぷり効いたぷりぷりのシュリンプは、ライス&ピーズにソースを絡めて食べればお皿はすっかり綺麗に。
結局この店でロブスターを頼み、緊張しながら、「あ、あの、コールスローは上にのせず、脇においてくださいな」と頼むというミッションを果たせぬままじゃった。ら、来年こそは。

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<動物園近くのマーケット | TOP | 2017セント・マーティン島10日目~島の動物園に思うこと>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2839-618a852f

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS