2017/05/25 (Thu) 桜ほのかにかおる


桜はとうに散り、葉桜が美しい季節だが、冷凍庫のなかの桜の葉が気になって、桜ほのかをつくってみる。7個分の餡に桜の葉2枚半を刻みいれたら、さっぱりとした甘さのなかに、ほのかにかおる名残の春。
しかしまだまだ初心者には餡を包むのが難しくてヘタクソ~。べたべたくっつくのに焦って手粉の片栗粉を使いすぎるから、皮もだまになってしまう。
優しくお毒見をしてくれたお茶の稽古仲間に感謝…。T先生はしばらくたって皆の(無事な)様子を見届てから「…うむ、大丈夫そうだな」と召し上がってくれた。用心深いわが師なのである。

| trackback(0) | comment(0) |


<<壊れゆくシナゴーグ | TOP | ベランダ・ハーブたち>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2879-0e2e9345

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS