2017/05/29 (Mon) 贅沢キャビア・ナイト


たま~の、たま~の、たまぁぁ~の(強調しすぎで声枯れそう)贅沢、黒々と輝く魚卵を食そうではないか、とフラットアイロン地区へ。なぜだかタイル屋さんの多い通りを歩くと、遠目からも鮮やかな花々で彩られた愛らしい店が目につく。
ずいぶんと前にロシアのお洒落友人に教わって以来のお気に入りロシア料理店、Mari Vannaさんじゃ。ロシアン手下を連れて行ったらきっと「かー、俺には似合わないっニハラショーっ」とブライトンビーチ辺りの食堂に逃げ込みそうな、おされな店構えの店内にはアンティークも一杯。じっくり見て回りたい。が、既に混んでいる店内、お客の邪魔になりそうなので諦める。
そして席に着くなり出てくるのはパンに2種のバター、そしてネギ。1本丸ごとのネギ。う、うむ、ワイルドな中にロシア流の粋が潜む…のだろう、きっと。


ロシアのビール、バルチックNo3 。他の番号もあるんですよ、と説明してくれるハンサムなサーバーくんだが、ビール苦手な我にはその番号の意味を問う気概なし…。きっとバルト海の息吹を感じさせるビールなんだろうね(興味がないと適当か)と受け流し、きりっと冷えた白ワインを。


そして燦然と輝く黒い宝石、オセトラのキャビアが恭しく登場。


柔らかなブリニを掌の上で開き、濃厚なクリームフレッシュをひと塗り、さらし玉ねぎ、卵の上にキャビアをそっとのせ、包み込む。口に入れた瞬間に広がる無数の命の輝きをくるみこんだかのような濃厚な味わい。あらっ、もうおしまい? 至福の時は短いからこそ濃いのだろう。


しかしまだまだお楽しみは続くのじゃ。鰊好きが避けて通れるはずもない、Cured
Herringを独り占め。マリネされた鰊に玉ねぎをのせ、じゃがいも、ライ麦パンと味わえば、北の魚の脂がまったりと舌を撫でる。ああ、ロシア行きたいなぁ。3日坊主で諦めたロシア語の勉強また始めようかのう。


Golubtzi はロシアのロールキャベツ。仔牛のひき肉と米、じっくりブレイズされた野菜がキャベツに包まれ、品のいいスープにとろける。すべての優しい味わいに、新鮮なディルが香りを添える。ロシア料理に欠かせぬディルの役割をいま鮮やかに知らされた気がするのう。


これもあれば絶対頼んでしまうChicken Tapaka。下味をつけた鶏肉を上から重石でぎゅーーっと抑えながら焼き付ける、コーカサス地方の料理だ。押されて、押されて、身をいっそう引き締めた鶏の香ばしい味わい。でも贅沢を言えば、にんにくの効いた味はいいのだが、押しが足りない気もするのう。色んなロシア料理店でこれを食べたけれど、一等賞はロシア人友の結婚式に招かれた時のパーティー会場だったなぁ、と懐かしく思い出す。そう、人間もチキンタバカも押し、大事。と、押しの弱い我は思うのだった。
さて、輝く黒い宝石、次はいつ食べられるだろうか。贅沢は続けば贅沢でなくなる(ま、負け惜しみ…じゃないよ)。果報は寝て待とう。

Mari Vanna
41 E 20th St. New York, NY 10003

◆5年まえの懐かしい記事は、こちら
やっぱりネギ1本にこだわっている私…。

| trackback(0) | comment(0) |


<<伊勢にて再会 | TOP | 5月下旬のベランダ園芸模様>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2883-ee2fd4a1

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS