2017/05/30 (Tue) 伊勢にて再会


晩ごはんは、9年ぶりにあう友人と伊勢にてお久しぶりナイト@E.Village。
NYに住んでいた彼が日本経由でイギリスに越してしまってからは日本で数度会ったきりずっとご無沙汰だったので、その間のことを互いにキャッチアップ。と言っても、劇的な変化の9年を彼が送っている間、さして何も変わっておらぬ我である。大きな出来事といえば、入院して2度目の腹切りを経験してうんうん唸り、それ以来花火を見るたびに哀愁の気持ちがこみあげることや(独立記念日周辺だったのだ)、燻製器を購入して燻製隊を結成したことぐらいか。
え、9年でそれだけ…あ、あるよね、私だってもっとあるよね?(思いつかん)と内心焦りながら食べる海藻サラダは、よく出てくる不自然に黄緑色の茎和布サラダとは違い、日本式に数種の海藻が入ったもの。ドレッシングも旨し。そうそう、こういう海藻サラダが食べたかったんよ。


若気の至りについて談義しつつ食す牡蠣のオイル漬けはほろ苦く、しみじみ旨い。


友人は今住むうまれ故郷の地に住むよりはまたNYに戻ってくるか、もしくは別の国に住んでみたいと思っているのだとか。故郷といっても、長く住めば新たな地がまた故郷になるのだな。戻ってオイデヨーカモーン、と励ましつつ、とろりと熱い蟹クリームコロッケなど頬張る。


ここまではどれも普通に美味しかったのだが、これはちょっと失敗の鶏南蛮。かりっとしておる部分が、どこにも、どっこにも(強調)ないのが惜しすぎる。


友人は天ぷらそばで〆。「味はどう?」と訊いたら、「量が多い」という感想が返ってきた。でもしっかり完食しておられたからきっと美味しかったのだろう。
今度はそう間を置かずにまた会えるといいね、と再会を願いつつ、イーストヴィレッジで手を振り合った。さてこのIse、ハズれもあるが気をつけてメニューを選択すれば、久々の再会にはぴったりの静かで落ち着く居酒屋として重宝しそうなのだが。まだ研究の余地ありじゃ。

Ise
63 Cooper Sq, New York, NY 10003

| trackback(0) | comment(0) |


<<源平葛、咲いた | TOP | 贅沢キャビア・ナイト>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2884-e7f2f8ec

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS