2017/06/03 (Sat) ピアノバーにて豪華海鮮丼


さて、ジャパン・ソサエティにて魅惑の若衆ワールドに存分浸った後は、T子さんの推薦で近くの「かほる」へと。え、待って待って、ここピアノバーでないの? 可愛いお姉さんが横に座ってお酌してくれるお酒が一杯$50とかするんでないの?可愛いお姉さんはやぶさかではないがそれはちょっと…と私とH子ちゃんは恐れを抱くも、ピアノバー・タイムは夜9時までなのだとか。それ以前の時間は、リーズナブルな値段で飲食できる居酒屋風なお店らしい。しかもT子さんによると、この店の売りはどどーんと豪華な量と質自慢の海鮮丼らしい。そ、それは気になる…。


美味しくて箸がとまらぬまるごと胡瓜に日本酒などでまずは乾杯。T子さん、今日は本当に楽しくもためになるギャラリー・ツアーをありがとね。
それにしてもピアノバーとは若衆同様、おそるべく誘惑に満ちた世界と見た。以前、仕事で日本からNYを訪れた男友達のグループに連れてきてもらったことがあるのだが、中の1人など新婚さんにも関わらず若い娘さんに鼻の下伸ばしておったものなぁ。そりゃ可愛いし、「私、レコーディングエンジニアを目指しているんです♪」なんて健気に夢を語られて、私も鼻の下ぐーんと伸びたけどのう(心の中のおやっさん爆裂)。


そして出てきたー。3人とも本日のお勧め、しめ鯖のせ海鮮丼を頼んだのだが、この量、魚介類のてんこ盛り。しかも大好物のしめ鯖のっけなんて嬉しいではないの、と顔がにやける。酢飯も美味しく、つい刺身とご飯をつまみに日本酒が進んでしまう。
若衆とお得海鮮丼、さても有意義な1日であった。

Kaoru
306 E 46th St, New York, NY 10017

| trackback(0) | comment(0) |


<<海鮮丼のお持ち帰りで | TOP | めくるめく若衆の世界を覗く>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2888-c23b3153

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS