2017/06/04 (Sun) 海鮮丼のお持ち帰りで


まだ昨日観た「若衆」の世界が頭から離れず、髷を結い、若衆の恰好をし、老若男女、誰彼ともなくと淫靡な恋におちる妄想に駆られるも、それはあらゆる角度からみても現実化は無理なので、いっそ次の小説のテーマに…などと野望が頭から離れない。
そんな若衆妄想で疲れた日の晩ごはんは、残り物やお持ち帰りが役立ってくれるのであった。
昨日の巨大海鮮丼のまぐろをお持ち帰りしてすぐさま漬けにしたものとラディッシュの葉の胡麻和えという前菜に、


まったくそぐわぬメインは、バターチキンに焼アスパラガスとキャベツのスープ煮添え、野菜スティックに燻製卵など。残り物ごはんの時は、個別の皿の関連性を考えてはいけないのである。
食べながら、そういえば幼い頃、手塚治虫せんせいの「リボンの騎士」が大好きだったなぁ、とまだ若衆がらみのような別の方向なようなことを考えるのであった。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<サーロインと憂さ晴らし | TOP | ピアノバーにて豪華海鮮丼>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2889-8ddf6fb2

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS