2017/06/23 (Fri) BYOB定例会、灯台下暗しな中華ナイト


いつものこよなくお酒持ち込みの店を偏愛する楽しき仲間でBYOB定例会。今回は店探しに色々と難航したことであるよ。目当ての店がリカーライセンスが取れてしまったせいでお酒持ち込みは不可になったり(店にはめでたいが、我々には哀しい)、以前行ってそこそこだった店は厳しいメンバーから不可が出たり。
もう持ち込めなくてもいいか、と弱気になったが、いやここはやはりBYOB魂で初志貫徹。
うちの近所で私がいつも叉焼を買っている店に訊いてみたところ、「いいヨー、持ち込み料なしヨー」と言うではないか。さすがワンタン王なる店名だけある。ワンタン食べたことないけれど、気前のよろしい王様のごとき寛容な態度。
ちなみに王様は英語がちょっぴり苦手である。この店は中国人客が多く、店員も英語を話せない人が多いのだが、Nシーも確認のため電話で「お宅のお店はBYOBですか?」と訊いたところ、「いいえ、うちはレストランです!(自信満々に)」と答えられたそうだ。私もお持ち帰り用の叉焼を「カットしないでそのままで」と伝えただけで軽いパニックが勃発し、奥から英語のできる人が駆り出される始末のこの店。それでもここは、マンハッタン…。


早速持ち込んだワインを開けたなら、一番高そうな蟹をがんがん勧めてくるウェイターのおじさんを軽くかわして、まずはSquid Salted Pepperを。
新たな挑戦する店ではヘタにソース物など頼んで失敗すると怖いので、シンプルな塩胡椒炒めが一番。しかしこのイカ、本当にソテー? 揚げているのでは?という食感だが、多分揚げ焼きなのだろう。さっくりした衣をまとったイカが旨し。別の店でも同じようにハラペーニョも一緒にソテーされていたけれど、これが定番なのだろうか。控えめな辛さが塩胡椒のシンプルな旨みに刺激を与えてくれて、お酒が進むくん。


必ず頼む青菜炒め、本当なら豆苗といきたいところだが、豆苗は貴重なので肉や魚より高かったりする。バジェット重視のBYOB隊員たちは無言で首を横に振り、チャイニーズ・ブロッコリ、唐芥蘭を賢く選択したのじゃった。これも味付けを訊かれたが、シンプルににんにくと塩胡椒で。うん、茎に歯ごたえをしっかり残した絶妙な炒め加減。ビタミンA採ってます、と身体喜ぶ。この辺りでお客がどんどん入ってくる。地元民に人気の店はやはり信頼できるのう。


炭水化物も入れようかということで、お勧めらしきFamous Golden Fried Riceを。卵の金色が美しい炒飯、ぱらっぱらの炒め具合がさすが。ちなみにこの炒飯は$13.99、と料理はどれも中華inチャイナタウンにしてはややお高めなのだが、それも量を見て納得。すべてがファミリーサイズ、二人じゃ絶対に食べきれぬ量。けっして小食ではない4人なのだが、食べてもなかなか減らず…。


おなかはかなりくちくなってきたが、それでもあと1品何かが欲しい…と、BYOB隊の欲は果てしなく。そこでEちゃんが頼んだのがCrispy Tofu。え、ただのお豆腐?と一瞬思ったのだけれど、このお豆腐が思いのほか美味しい。
中心のぽっちりした色っぽい膨らみには海老つみれが入っており、外はまさにかりっかりのクリスピー加減、中ふんわり、熱々。ああこれに出汁をかけて揚げだしにしたらうまかろう…(次はお酒に加えて、だし汁持参か!?)。


最後はサービスのマンゴープリンとさっぱり目のお汁粉といった感の小豆スープで、甘やかに〆。「ここはいいねー」「また来よう」と、使えるBYOB中華として、厳しいBYOB会のおめがねにかなったのじゃった。英語がなかなか通じないのは若干緊張するけれど、また叉焼も買いに来ようっと(騒ぎが起きませんように)。

Wu’s Wonton King
165 East Broadway, New York, Ny 10002

◆今まで訪ねたBYOBレストランは、右下の検索窓で「BYOB」と入れてもらうと、でてきますよん♪

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


<<ロブちゃん動かないでおくれよソング | TOP | チキンレバーにおろし玉ねぎソース>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2910-c10f5081

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS