2017/06/26 (Mon) 河南省のホイ麺を食す


晩ごはんはチャイナタウンを東から西へと歩いてロシアン手下と落ち合い、Spicy Village 大福星へ。小さな店で予約も取らないので店の前にはすでに人だかりがもくもくと(この写真は食事後に撮ったのだが、この後また人だかりができていた)。


待つこと数10分、ようやく中に入れた。壁の穴のごとく狭い店で、ゲイの仲良しカップルの人たちと相席。


ありがたいことにBYOBの店なので、早速、調達してきた激安ワインを鞄から出す手下。よしよし、準備がよろしいぞ。なんでもこの店は河南料理専門、なかでも河南省の名物料理ホイ(烩)麺で有名なのだとか。河南…と言われても馴染みなし。洛陽、シルクロード……二人で貧しい知恵を寄せ合っても、あまり進展がないのであった。ま、まぁとにかくスパイシーな四川料理が大好きな身としては、ここもきっと美味しいはずじゃ。何しろ店名からしてスパイシーだし、チャイニーズの人たちにも大人気だし。


まずは辛い料理のお伴に胡瓜の浅漬け、これがぽりぽりいけてとまらない。河南風やみつき胡瓜。手下よ、私のグラスにとくと注ぎたまえ。


なるほど花椒が効いてぴりりと辛みたっぷりのSpicy Lamb Huimei。弾力のある手打ちのホイ麺はきし麺を幅広くした感じ。もっちもちな感触に羊の骨を煮込んだスパイシーなソースが絡まってうままー。海草も入っているのが面白いしヘルシーだのう。ただこのラム肉は脂身なしでややドライなので、次はブリスケットあたりで頼んでみたい。


皆が頼んでおる大人気のSpicy Big Tray Chicken、大盤雛。まさにビッグな洗面器サイズのトレイがどーん。すでに麺は食べたのでここは麺なしで、と頼んだけれど、ぴりりとした辛さの中にも様々な旨みがひそんでいる汁がもったいなくて……、


ホイ麺Plain Huimei$1.50を追加投入~。
粒が丸ごと山ほど入っている花椒を舌で選り分け、辣油のしみこんだ鶏にじゃがいを頬張る。骨の間まで逃さぬようにと舌がこそげとる。
辛い、うまい、深い。その味の広さは黄河のごとく。持ち込んだスペインの爽やかな白ワインがぐいぐいと進んでしまう。
あまりの人気で待っている人が多いので早々に店を出た後は、向かいの公園でどこからか流れる中国の楽器の音色を聴きながら休憩。この辺りの公園では伝統楽器や太極拳を練習している中国人が多いのだ。ここはどこ? 確かうちから10分の場所だったよね…と不思議になるくらいの大陸の夕闇の光景を、ぼんやり眺めた。
手下からもらった土産のロシアのホットスモークの鯖をぶらぶら下げながら、満足の辛い吐息でまた東へと帰ったのだった。

Spicy Village
68 Forsyth St. #B, New York, NY 10002

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


<<久々の妹わんこ | TOP | ロブちゃん動かないでおくれよソング >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2912-83593d97

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS