2017/06/27 (Tue) 久々の妹わんこ


写真タイトル~わが妹の素足。いや違う、久々の妹のわんこ。一番のポイントは、「今時のスマホでここまでヘタに撮れるんだ!」と逆に尊敬さえしていた妹の写真の腕前がやや向上したことであろう。それはそれで、姉としてはどこか寂しいものである…(ねじれた姉心)。
つぶらな瞳は、むろん何かをもらえると期待に胸ときめかせておるからだそうで。そういうやつだよ、あいつは…(いつも冷たくされているので、距離を置いた態度)。
ちびより伝言「よっ、遠方の叔母さんという名の下僕よ、元気か。元気でなくとも俺様はあまり気にしないがな。まぁ何かくれるっていうならもらってやってもいいぞ」
とりあえず帰国時には土産にアメリカ産ささみジャーキーなどを買って帰ろうと思う。

◆こんな写真を年賀状に使った妹の勇気に尊敬さえ感じたときの記事は、こちら

わんこ(とにゃんこ)もの | trackback(0) | comment(0) |


<<カズラーと呼んで  | TOP | 河南省のホイ麺を食す>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2913-144e5f95

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS