2017/07/09 (Sun) 怪しき駅と魚がし


うちの近所の地下鉄駅はまことに怪しい。違法で手に入れたメトロカードで乗客を通してお金をもらう人たちが改札口にたむろしておるのだが、その際になんと乗客が正規カードを買えないよう、メトロカード販売機を壊しているらしい(隊長が目撃)。今日もカードを駅に買いに行ったら見事に3台とも壊れておった。むきー。
ポリスも頻繁に見かけるのだが制服着て現れたら意味ないじゃん。組織犯行のようなので、誰かが見かけたらすぐに仲間に連絡がいて蜘蛛の子散らしたみたいにいなくなるのだから。もういっそ仲間に加わるか!(ちがう)
そんな日はいっそ地下鉄でなくバスだなということで、バスにゆられてイーストヴィレッジはお初の魚がしさんへ。


このお店、以前から友人たちから美味しいという噂をきいていたハーレムの邪道寿司の中嶋シェフがいらっしゃるということで、気になっておったのだ。しかしカウンターはおまかせのみ。食べたい物だけ食べたいわがまま盛り(可愛らし気にいうな)な我は、あえなくテーブル席へ。〆張鶴の純が表の猛暑をなだめてくれるように喉元をつたう。


そこにワタにイカのすべての旨みが滑らかにとける自家製塩辛などをつまめば、それだけで極楽じゃ。


惜しむらくは、おまかせ主体の店らしく、つまみの種類が少ないこと。アラカルトでいくなら江戸前寿司を堪能するのが正しい楽しみ方なのだろうね。さっくり揚がった穴子の天ぷら、噛めば白身が鮮やかに押し返してくる。


日曜なのでネタのないもの切れたものが多すぎだったのが残念じゃが、小肌、鯵、鯖等光り物に大満足。対馬の鯖が心惑わせられる旨さ。小肌の〆具合も絶品なうえ、身はふっくらと優美に光る。ああ、魚は光ってなんぼじゃろう、と強く主張したが、向かいの光り物苦手さんが聞かぬふりをする。無礼者め。いや魅惑の粒が舌にのったとたんとろける雲丹も、脂ののった金目鯛も、貝も、それぞれに素晴らしいのだが。


巻物がシンプルかつ旨い店は、それだけで安堵するのう。ねぎとろ巻きに梅紫蘇巻きを、うんうんと頬張る。


お椀にとけだした蛤の滋味を啜り、ご馳走様でした。さても本日いただいた寿司は中嶋シェフが握られたものなのだろうか。テーブルだから、違うかもしれぬ。まぁいいか、美味しかったのだから、つべこべ言うまい。次は平日にこよう。

Uogashi
188 1st Avenue, New York, NY 10009

| trackback(0) | comment(0) |


<<はじめてのスマホ | TOP | 兼業とスモークサーモンのラディッキオ包み>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2923-d8a855fd

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS