2017/07/18 (Tue) カメラマンの目のつけどころ


Photo by Jonas Gustavsson.
基本的にこのブログで顔出しはしていないのだが(だって、そりゃあ、出すほどの度胸も図々しさも…)、これは面白かったのでこっそり載せちゃお。
小説すばる7月号誌上での大江千里くんとの対談の記事を、カメラマンのジョナス・グスタフソン氏がSNSにあげてくれたもの。ありがとう~と感謝しつつ、左の写真…なんだろ?とよぉく見たら。
見本誌が入っていた封筒~!こんな洒落た封筒で届いた、といたく感動された様子。さすが名写真家は目のつけどころが違う…。
というか、あのぐるぐる紐?でとめる紙封筒、渦巻バッグっていうのかー!(驚)初めて知った…。

◆対談の記事は、こちら

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


<<晩酌準備日と、草を食む牛 | TOP | 美術館の後は、ギリシャ料理>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2934-8e7571f2

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS