2017/10/05 (Thu) 世にも豪華なたこ焼きナイト Vol.2


ヴィレッジのストリートを闊歩するイカす人影。緒方拳か、はたまた奥田瑛二、もしやNYでドラマのロケを? Netflix限定「マンハッタンたこ物語」? いやいや、このお方こそ、我らが粉もんの師、S一たこ焼きマスターなのである。マスターがH師匠のお宅にお目見えするとなれば、当然のごとく第2回たこ焼きナイトの開催である。
嬉しいなー、たこ焼き、たこ焼きうれしーなーと浮かれる丁稚一同も、


それぞれツマミを持ち寄り。H師匠が用意してくれた野菜とディップに、マスターの奥様で素晴らしい陶芸作品を生み出すAちゃんがMurray'sの店員を誘惑して(はい?)選び抜いた各種激うまチーズ。私は「食べにくい」「手が汚れる」「でもまぁうまい」などと文句と賞賛の間の中途半端な立ち位置をさずかったケイジャンゆで落花生を。そして例の「柿に見えるけどさつまいも」のこれまたサイドディッシュだかデザートだか微妙なものを…(シェフたちを前に大胆すぎる挑戦!)。


Eちゃんがイーストヴィレッジの人気イタリアン・デリで買ってきてくれたモッツァレラで作ったカプレーゼにプロシュートやアーティチョーク、そしてN子さんのナスの醤油炒めに箸がとまらん坂。


さぁ、いよいよたこ焼きの時間じゃ。前回は、南部鉄たこ焼き器が意外と頑固者で1ラウンド目は焦げ付いてしまったので、今回はリベンジすべくやや緊張の面持ちのS一マスターである。きらん、俺にまかせとけよ、ベイベー。


おお、今回はのっけから好調。ヘルシーなこんにゃくを入れたバージョンはややまとめるのに苦労されていたが、それもクリアしたS一マスター、さすがである。そして前回、織物だけでなく意外なたこ焼きの才を見せたN子さんも参戦。う、うまい…。ヘタな私はすでに食べるだけーの位置を確保、ああ楽ちん。


そして本日のしめは、お誕生日のたこ焼きマスター夫妻を祝い、豪華デザートで。N子さんが買ってきてくれた南国の香り豊かなTwo Little Red Hensのココナッツケーキ、名パティシエのH師匠の濃厚まろやか抹茶プリン、そして福砂屋のカステラ。どれも極上すぎて残ったかけらも皆してハイエナのごとくお持ち帰りさせていただいたのじゃった。
そしてAちゃんとなぜだかエレカシに愛を捧げつつ、へべれけたちの夜は更けていく。デザイナーのS一マスターに、ユニクロのアトムならぬウランちゃんTシャツを褒められたのも心嬉しき思い出であった(ウランて…歳はきかないで)。

◆最初はタコ焼きがうまくまとまらず、ヒヤヒヤしたのも楽しき思い出の第1回たこ焼きナイトの記事は、こちら

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


<<たぶん最後のベイビーQちゃん | TOP | 仮想富豪と春菊昆布和え>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3015-c7d80ddf

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS