2017/10/09 (Mon) クマ・インにてお祝いBYOB会


身近な友人におめでたきことありて、ご近所LESのフィリピン・フュージョンの小皿料理の店、クマ・インにてお祝い会を。昔バイトしていた下北のロック喫茶を思い出すこの狭い階段に、どこかアングラな薄暗い店内…。馴染むわぁ。
おめでとう、と持ち込んだキリン一番搾りと獺祭とでまずは乾杯。しかもここはありがたいことに、私の大好きなアレ系の店なのである。そう、アレとはBYOB…お酒持ち込みOKの愛すべく暗号だ(ビールは1本$1、ワインは$5という良心的な持ち込み料あり)。普段は重いものを持って歩くのは嫌いなのに、お酒やビールを抱えてLESの通りを足取り軽く歩いてきた。


香ばしい海老のグリルに、小ダコのグリルに筍の酢漬け添え。グランド通りの八百屋で調達してくるという季節の野菜、本日はイキのいいボクチョイのにんにく炒めで。酸味の効いたライムとバターのスパイシーなソースで食べるとんかつもしつこさがなく、するすると箸進む。
この店のオーナーシェフ、NY生まれのティト・キングはフィリピン人のお母さんとタイ人のお父さんを持つ。だからからかエスニックな風味を積極的に取り入れながらもどこかモダンな一捻りがあって、楽し、旨し。小皿だからあれこれ食べられるのもうれしいのう。


そして担当のウェイトレスさん、一見不愛想なのだが、料理に強いこだわりがあるらしい。段々押しが強くなってきた…。こちらが頼もうとするものをことごとく、すごく嫌そうに顔しかめて「あー、それ?マジ頼むのソレぇ?」という表情なのである。
「え、餃子おすすめでないの?」と聞くと、しかめ面でノンノンと首を振り、別のものを指す。こういう場合高いものを勧められるのだが常なのだが、そうでもない。確固とした彼女なりの主張があるようだ。
しかしダメ出しが多すぎて、しかもこちらがつい素直に聞いてしまうものだから女王ぶりが増していく…。
そんな緊張のやりとりの中、選んだのが(選ばされたのが?)、アドボ・チキンウィングス(ココナッツビネガーとにんにくが効いておいしい)、腸詰のソテーはタイ・チリライム・ソースとスティッキーライス添え。クマ風、パン・フライドした豚のボロネーゼのライスクレープは絶品じゃった。
しかめ面の彼女を押し返して強引に頼んだピクルスは、確かに今一歩であった。
と、そこに白人のカップルが入ってきた。彼らも押しまくられるのだろうか、と思ったら、いきなり愛想のいい彼女!メニューもゴリ押ししてない!なぜに私たちにだけその女王ぶり…。謎である。


いつもお気に入りで頼むガーリックライス。ほっ、これはダメだしされなかった。


最後はココナッツとレモングラスのパンナコッタを皆で仲良くつつきあい。楽しく祝ったり、おめでたい相手をからかったりしながらも、どこかウェイトレスの動向を気にしてしまう私たちであった。また彼女に翻弄されたくて、来てしまう予感。
Y&Tさん、本当におめでとう。お幸せに。

Kuma Inn
113 Ludlow St, New York, NY 10002

◆以前来たときに豚バラに感動した記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<誰も気にしてない、と海老と焼き豆腐の麻辣炒め | TOP | 値札読み違いなタコ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3019-c547ea0f

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS