2017/10/16 (Mon) 茅乃舎の揚げないフライ・レシピ活用中


気に入るとしつこく繰り返す性格を発揮し、茅乃舎だしの揚げないフライ・レシピを活用中である。この日はイカで。今の季節、ケープコッドでとれたイカが美味しいのう。水分をよく取ってから小麦粉をはたくのがコツ、バターでじゅー。出汁パン粉ぱらり。簡単だが、これは茅乃舎さんの出汁あってこその料理だろう。アメリカでも手に入るようになって、頼もしい限りじゃ。
黒々とした怪しきものは、オリーブオイルと自家製クミンスパイスを絡めてローストした芽キャベツさん。色は悪いが、これまた定番のスパイスでうまうまなのだ。相変わらずレイヤー野菜が、好きすぎる。行者にんにく酢漬けと共に。


別の日には帆立貝柱で。前回、「今度こそ生のパセリを使って」と自分を鼓舞したのに、相変わらずドライハーブ使用。食い意地と、面倒臭がりの狭間でゆれる16歳(だ、れ、)。
それにしてもこのレシピ気に入りすぎて、そのうち何にでも小麦粉はたいてバターで焼いてパン粉のせて終わり、になりそうで自分が怖い。たこ焼きに小麦粉はたいてパン粉、とか(粉もんに粉、パン粉。王道ですね)、筋子に小麦粉はたいて…(以下続く)。

茅乃舎 / 揚げない牡蠣フライ

◆初めて海老で作ってみた記事は、こちら

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<「NY晩酌日記」第8回掲載されました。 | TOP | 雨とタラバガニ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3025-a71dec28

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS