2017/11/06 (Mon) 京都初日は、燕に魅了さる


軒下の燕の子たちにも惹かれるけれど、京都初日の晩ごはんは、京都に足しげく通う友人のお勧めで、このお店へ。京都駅八条口側の小路にひっそりと掲げられた燕の看板。しかも扉には、「本日はご予約のお客様で満席です」との貼り紙が。ああよかった、早めに予約しておいて(食べることに関してだけはマメなたち)。可愛らしい置物や職人さんたちの手さばきを眺めながら、旅の幕開けを祝うのであった。


先付けには香りだけで冷酒が進む秋トリュフと栗の蒸し物。朴葉の包みを開けば、


トリュフの香りがふわりと鼻先をくすぐる。ほっくりと歯を包む栗に銀杏、むかごたち。餅米にしみこんだ秋よ、ありがとう。


燻製の香りかぐわしいまぐろの生ハムに、


輝くいくらの醤油漬けは口のなかでぷちぷちと命を弾け飛ばす。松茸フライは、さくさくと香りを噛み締め味わうことに夢中で、写真撮りわすれ…。ああ、あとで目でもいじましく楽しみたかったのに。


あればつい頼んでしまう焼き雲子に、これまた写真撮り忘れの毛蟹と菊花酢など。そう、それほどにどれもがうっとり魅了される味なのじゃ。そしてこのお店のうれしいところは、どの品も美しく取り分けてくださること。ま、このお皿は2つとも私がいただいたけど。


名物のビフカツは自家製ウスターソースで。いつもは断然、魚派なのに、しかも肉は牛より鶏か豚、と日ごろ思っておるのに…うむむ、このビフカツの肉汁さえも甘やかで冴え冴えとした柔らかな肉。そして薄くデリケートに肉に寄り添うさくさくの衣。…降参。京都では肉好き宣言してしまおう。


白いごはんをくださいと言ったら、なんとその場で一人分を炊き始めてくれたのだった。
どれもが燕の子をめでるかのごとく目を細めてしまう味で、京都駅近く、宿から歩いて行ける距離でこんな素敵な店に巡り会えたことに心から感謝…(Sくん、ありがとう~!)。


京都府京都市南区東九条西山王町15−2

| trackback(0) | comment(0) |


<<まずは、御所へ | TOP | 京都1日目~一期一会もいいが、のお宿>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3040-919242e3

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS