2018/04/13 (Fri) 2018セント・マーティン島8日目~墓地池のイグアナたち


島の生態系は毎年来るたびに形を変えているから面白くて、同じ場所を何度でも訪れたくなる。たとえばピネル島桟橋にあるBarriere池自然保護区が今年は鷺たちの楽園と化していたり。そうかと思えば、ブラウンペリカンがいつの間にか別の場所からグランカーズの池に移動していたり。特に昨年のハリケーンでまたかなり様変わりしておる様子。
毎年覗く、ここEtang Cimetiere、通称墓地池の自然保護区。最初に見つけた時は白い鳥の島!というほどたくさんの鷺たちがいたのが、以前のハリケーンの翌年には姿が見えなくなっていた。去年また戻ってきたと思ったら、今年はまた見えない。


観察台も跡形もなく崩壊していて、なかなか覗けないので池の縁をうろうろと…。j周りには人家もあるし、なんだか挙動不審。


鳥はいないが、イグアナ、発見! それも大きいのが何匹も。今年はいつにも増してイグアナをたくさん見かけるのう。ハリケーンの後には増えるものなのだろうか。数日前に、宿のパーティーで初めてイグアナを食したので、なんだか見る目が違ってしまう。あんた、肉付きがいいねぇ…と、ヘンゼルとグレーテルのおばあさんの目つきで眺めるも、悠然とお構いなし。その余裕が羨ましい。


不安定な枝先で涼をとるイグちゃん。何もそんなところで休まなくても…とも思うのだが。

◆去年の墓地池の記事は、こちら
◆Barriere池自然保護区が、鷺たちの楽園になっていてびっくりした記事は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<私はルアー | TOP | 一度に色々美味しいクレオール・サンプラー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3196-5b8c40f5

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS