2018/05/16 (Wed) 饗屋さんにて、じゅんさいに心ゆらり


饗屋さんにて、久方ぶりの師匠と春のちょいと一杯(いや、一本以上…)。サービスで出していただいた里芋のマッシュは、中に雲丹の入った贅沢な一品。生くらげの滑らかなこりこり(何このややこしい表現、これでも物書きか)を味わいながら、お酒はあまやかな春の香りの真澄あらばしり。最初から飛ばしてしまう荒馬のごとき食欲酒欲を、どうどうとなだめるのが困難である…。


新鮮なお造りはきびなごぴっかぴか。真鯛は何日も寝かせたそうで、ねっとりと甘い。こういうひと手間ひと手間を惜しまぬ園さんに、心からの敬服。かんぱち、しまあじ、金目鯛、水ダコ…目が、舌が、歓びを語る。


吸い込まれそうに美しいホタルイカと帆立の新じゅんさいわさび餡に、春を味わう。こんな貴重で美しいものを、澄んだ水にわけ入ってつんでくれる方々に感謝の念をおくりたい…。


必ず頼んでしまう鮑の白トリュフコロッケを。さっくりとした衣を歯でやぶれば、なかからこぼれだすトリュフの香りと鮑の主張。色々食べたいのに、どうしてもこれを諦めることができぬのじゃ。


特製だし巻き卵、ほろほろジューシー。


蓮根餅、揚げカレーパン風味、もちもちほくほくのカレーパン味…園さんの想像力はとどまるところを知らず。ついていきます、私たち。


熱々のふぐのとベイビーポテトの揚げを頬張れば、ああ、今宵も1杯どころか1本では終わらないのであった。


最後にはすっきりと柚子のソルベを出してくださった。
ああ、美味しいものと楽しいおしゃべりで心のなかが清らかになった…ような心地であるが、たぶんそれはきっと気のせい。


最後におなじみ、園さん(@安定のヘン顔)、いつもありがとうございます。
じつは園さんも以前カリブのセント・トーマス島でハリケーンに直撃されたことがあるそうで、しばしカリブのハリケーンの威力について話弾んだのだった。あの脅威、自然のすさまじい力、わけあえる人がいて心痛くもうれしい夜じゃった。では師匠、あとちょいと一杯だけいきますか…ほ、ほんとに一杯だけ。

Kyoya
94 E 7th St New York, NY 10009

◆以前、自家製真穴子の燻製に燻製隊の血が騒いだときの記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<「NY晩酌日記」第15回掲載されました。 | TOP | 22万字とよもぎ餅>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3230-82e10580

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS