2018/07/13 (Fri) ニシンまつりだよ、2018


判で押したように水無月になると引き寄せられる、このグランドセントラル・オイスター・バー。


毎年楽しみにしすぎて、お店に「本当に本当に今日もニシンありますか?」と確認までしてしまうオランダの若ニシン祭りが催されているのじゃ。今年は、いつも日本食を一緒に食べに行くアメリカ人ご夫婦を試しにこちらに誘ってみた。私と同じで光物大好きなノルウェー系の旦那さんのほうは、興味津々で「行く!」と。光物苦手な奥さんは、「う、うん、トモの選ぶ店はいつも美味しいからおまかせするわー」と、きっと心ではやや弱気ながらも、参戦。え、というかアメリカ人なのに、このオイスターバーに来たことがない方が驚き…。


まずは牡蠣にハマグリで貝まつりといってみる。おなじく光物苦手な隊長は最後まで牡蠣で通す心意気である。まぁまわりを見ても、そんなにニシンを食べている人はいないのが惜しいところ。オイスターバーさんはこうもニシンを盛り上げようとしているのに…。
ちなみにオランダでは、年中ニシン(現地ではハーリング)は食べられるのだが、特に5月~7月にかけて獲れるニシンが脂ものっていて年間で一番美味しい季節なのだとか。


いつものケールの若芽のロリポップ(単なるにんにく炒め)にフレンチフライもね。このケール、美味しいのだが、ソテーの仕方が毎度安定しなくて、芯の部分が固すぎだったりもするのがご愛敬(なのか)。今日は…か、固いです、顎が疲れます。


初物ニシンさん、きましたー。私はいつも2尾頼むだが(一度3尾にしたら、さすがに多すぎた)、M氏も「じゃあ僕も」と2尾注文。お、初めて私についてこれる勇者に出会ったぞ。
さらし玉ねぎにゆで卵、チャイブにホースラディッシュに加え、私はここに持参の黒七味をかけるのが好み。ああ、1年ぶりに再会できたこのとろける旨さ。ほとんど生に近い塩加減なので、醤油もいらない。
イッツ・ソーーー・グッド。感動のうなり声をあげるM氏に黒七味を勧めたところ、「いや、なんにもいらない!これでパーフェクト!」と。ああ、こんな風にニシン好きの人を見ると、嬉しくなる。しかも、ニシンにはちょいとウルさいノルウェー系の人間に褒められたのだから、これはやはり納得の旨さということだのう。
つなげよう、ニシンの輪。ちなみに残り2人のアメリカンはニシンには見向きもせず、まぐろや牡蠣を食べているのだった。あーもったいない。

Grand Central Oyster Bar & Restaurant
Grand Central Terminal, 89E. 42nd St, New York, NY10017
Herring Fesitivalの期間は、HPのカレンダーを要チェック!

◆きっちりと同じものを食べておる、去年のニシン祭りの記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<美容師さんの濃い話と魚飯 | TOP | 佐賀の染色展>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3293-104406bf

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS