2018/08/28 (Tue) ゲイジュツ爆発な練り切り


本日は、お茶の稽古仲間Hちゃんと和菓子の練り切り教室へ@イーストヴィレッジ。練り切りは一度だけ京都の老舗和菓子店で習ったことがある。生地は先生が用意してくれていて、見本通りに作るというものだ(ま、当然、見本通りにはいかなかったがのう)。


今回もまずY先生が見本を作るのを眺め、一通り手順を学んだ後に同じものを作るのかと思ったら、「さ、じゃあ皆さん自由に作ってみましょー」と。ええー、先生、私たち初心者なんですけど!?  とビビる生徒たち。ま、どのみち、この先生の見本を見て内心「この細かいマーガレットとか、バラの花びらとか、無理むりムリ」と即座に思ったけど…。しかも色付けやこねるのも自分。頭の中では「あの見本のように美しく…」と思うのだが、ひぃぃ、色が想像とまるで違う濃さになったり、手順間違えたり。


しかも器具を他の方が使っていて途中でプラン変更したり、先生の話が頭から飛んでしまって(人の話を聞いていない典型)間違った手順であんを入れてみたり、暴走が始まる我々であった。ふと隣のHちゃんの茶巾絞りを見ると、真っ青な溶岩が流れる火山のようだし…。
こちらはHちゃん作品限定公開。ゲイジュツが、バクハツ…。


そして、なんとか自分も4種完成。本当はもっと楚々とした色合いで作りたかったのに、食紅の扱いが難しく、茶巾絞りが「地上に落下したアメリカ(→ここ重要)のアイスクリーム」のごとき物体になってしもうたのは、見なかったことにしていただきたい。ちなみに一番ちゃんとした形の桜は、木型使用(そりゃちゃんと形になるって?)。


晩ごはんは、みなして各自の作品を前に、先生作の木箱に入った美味しそうなお弁当をいただく。先生手作りの味噌を使った鶏の味噌焼き、ブロッコリ茎とセロリのきんぴら、ブロッコリとモッツァレラの柚子胡椒オリーブオイル・マリネ(これ真似しよう)。沢庵。ごはんはキヌアを後から混ぜ入れたとのことでこれまた旨し。


食事の最中に見せていただいたのが、菓道家、三堀純一さんの精巧な芸術作品のような和菓子。どこがどうやってどうしたらこんな美しいものが作れるのやら。
でもますます和菓子作りに目覚めてしまったので、これからも精進したいのう。

Chakura
230 E. 9th St.New York, NY 10003

◆京都で和菓子作り体験をした時の記事は、こちら
先生の見本とのあまりの違いに、自分でも笑える…。

習いごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<バランス良きつまみで、渡舟 | TOP | 強風な日々の晩ごはん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3346-3a45fdf1

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS