2019/01/08 (Tue) にゃんこを愛でながらの茶色ごはん


本日はいつもの昭和を語ろう4人会(適当すぎるネーミング)、別名はツンデレW様のふわふわなおなかを撫でながらごはんを食べようよの会である。いつにもまして地味~なおふくろの味的持ち寄りご飯が勢ぞろい…高齢者の寄合か?(ま、そうとも言う?)でも、ホリデーの脂ぎらぎらなディナーに疲れた胃には、こういう茶色なお惣菜が優しくてありがたいのだった。
Yさんのあっさりと美味しい茸と青菜の炒めに、私はケイジャンボイルでゆでてみたもののあまり効果がないと思われる枝豆や、


菊花蕪に挑戦したつもりがただ切れ込みが入っただけに見える蕪甘酢漬け、ひよこ豆と蒟蒻と長ひじき煮などを持参。そして実はもう1品、隊長がホリデーパーティーのために焼いたチーズ・パフを4個くすねたものを持ってきてトースターで温めようとしていたのに、だし忘れてしもうた…無念。せっかくなので皆さんに(強引に)お持ち帰りいただいた。


Mじが「昨夜の余りもののおでん持っていっていい?」と聞くので、一同「大歓迎」。なんといってもおでんは翌日の方が味しみて美味しいものねぇ。しかも私の好物のちくわぶを「ともじ、もう1つ食べなよ、好きでしょ」と勧めてくれる優しい皆さん。え、皆はそうでもなかったの? いつかあれほど盛り上がったのに…。あなたたちのちくわぶ愛は見せかけだったの?


Mちゃんの3種の茸の炊き込みご飯、茸の旨みがしみ込んだ米粒1つ1つがいとおしい。一緒に、胃の底からほっとする豚汁も出してくれたのに、撮り忘れてしもうた。思い出のかけらが残せなくて残念ね、冬のララバイ(毎度の話題にあがりまくる、昭和な歌謡調)。そしてもちろん本日の話題も別にテーマにしておらぬのに、昭和モード。懐かしの駄菓子で、盛り上がる盛り上がる。


Yさんがクリスマスの売れ残りか安かったので、と本音をぶちまけ持ってきてくれたカラフルなクッキーに、


Mちゃんの作ってくれたピーチ・ゼリー。ああ懐かしの桃の缶詰、桃ってどうしてこんなにおいしいんだろう。そこにMちゃんのご主人でプロ・ギタリストのIさん、ギター抱えて流しの登場。ああ、このミッドタウンのアパートはまるで夜更けの新宿歌舞伎町、疲れた胃を温めるお惣菜を出してくれるマスター(深夜食堂の小林薫)に、わけありギターの流し…。


そしてW様は、初めて会った時よりもずっと打ち解け、「俺様を見ろ。しかし気軽には触るなよ」モードは出しつつも、気づくとじわっと近くに寄って寝ているのが笑える。ツンデレの甘えん坊さんか。


そして帰り際、W様によけいなちょっかいを出した私は引っかかれ血を見る羽目になるの巻…。だってどうしても爪の間のふわふわの毛がいとおしすぎて触りたすぎて。

◆初めてW様に会った時の記事は、こちら

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


<<今週の10分弁当~鴨の混沌と海老の花蓮根 | TOP | チャールズ・ホワイトの回顧展>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3455-f115630c

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS