2019/08/21 (Wed) 迷走・和菓子作りシリーズ特別編~きんとんの成形講座


迷走・和菓子作りシリーズ特別編。本日は和菓子職人として日本とNYで活躍されている白石学さんをお招きし(というかお茶友さんに拉致された…?)、和菓子作りのコツを教えていただく納涼和菓子研究会(→勝手に命名)に参加させていただけることに。


まずは、愛用の和菓子作りの道具の数々を見せていただく。キルトが趣味というお母さまお手製の道具入れが可愛い! うちの母もキルトが趣味だったので、作ってもらおうかな♪ 待てよ、和菓子作り道具をそんなに持っていなかったっけ…。


先がしなるきんとん箸や繊細な細工ができる針切り箸に細工鋏。ああ、腕もないのに形から入る私はどれもこれも欲しすぎる! とりあえずお高い竹のきんとんふるいは、料理用ザルで代用してみようと思う…(すでに先行き不安)。


さて、いよいよ本日の課題、きんとん作りに挑戦。この白あんに、師匠があらかじめ作ってきてくださったブルーベリー風味のきんとんあんをつけていく成形の練習である。結構白あんは小さいのだな。私のは大きすぎるから、ばかでかい干し草玉のようなお菓子ができあがってしまうのか、ふむふむ。


先生のお手本をじっと見たあとは、それぞれ実践を。きんとんふるいの通し方にもコツがいるし、きんとん餡の成形も難しい。「一つ一つ刺すように、白あんに植え込むように、です」と学さん。「先生っ植えられません~!」「ぺたっと萎れた草になる~」と焦りつつも、何度か実践すると確実に進歩が見られ嬉しかったな(え、気のせい?)。


先生のお手本の美しく繊細なことよ。きんとんふるいの目の粗さで、異なるニュアンスが出せるのも魅力的。自分達の完成品は…こほん、もうちょっと練習をつんでから、載せたいと思います。白石さん、本日はありがとうございました。またいつか、NYか日本でお目にかかれることを願っております。

和もの | trackback(0) | comment(0) |


<<昔嫌いで今は好きな… | TOP | 赤い星>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3644-38462d99

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS