2019/09/10 (Tue) 大福をきわめたい


おなじみ迷走・和菓子作りシリーズ。
大福は何度か作ったけれど、いつも成形や求肥の扱いで苦労するので、今回はお茶先輩が教えてくれる大福クラスへと。ピンクのドレスが可愛いT子先生、本日はよろしくお願いいたします。


まずは実践にかかる前に先生の手元にじーっとガンきかせ、いや見つめて、手順を把握。求肥の扱いは時間差勝負、体力もいる。要領の悪い私にできるだろうか、と危惧もうかぶ中、


丸々と太った苺にあんをかぶせる。あ、これならできそう。でも果物丸ごと入りはお茶席には向かないのが残念だ。苺にあんこを着せまくりたいのに(なんのフェチだか)。


お手本の出来上がり。ほんのり透けた赤が愛らしすぎるいちご大福。


トレジョのフリーズドライフルーツを使ったマスカルポーネチーズ入り大福はアペタイザーにもなりそうで、目からウロコ!


フリーズドライの果物の香りが濃厚で、チーズとまた合うのう。これはぜひ作ってみたい。


楽しく学んだあとは、先生の作られたみたらし団子や


クッキーでほっと一息。習った直後はうまくなった気がするんだけどなぁ、これが実際はまだまだなんだよなぁ…。なんでも基本が一番難しいのう。


そして、これが私の作ったいちご大福。何かおかしい…。先生のはほんのり赤が透ける程度の控えめな色気があるのに、私のはぽちっとした赤が目立ちすぎ?でもこれもなんだか可愛いでないの。
と、調子に乗ってインスタにあげたら、フォロワーさんから「チ●ビから出血!」とのコメントが。お下劣なその比喩、やめ~~!と言いつつ、言いえて妙!(膝打ってる場合じゃない)ま、まぁ、これに懲りずに、これからも大福作りに精進していく所存である。

◆以前、錦玉羹づくりに挑戦した時の記事は、こちら
あ、これも復習していないなぁ…そりゃ上達しないよなぁ…(反省)。

習いごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<光の塔、2019.09.11 | TOP | 今年のスベリヒユさん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3663-dc37a40c

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS