2020/02/09 (Sun) 幻のカリフラワーは今いずこ


食いしん坊な友人達の間で自然発生した「気になるもの全部作り隊」。「ベランダ燻製隊」や、最後まで隊員一人のまま自然消滅しつつある「もやし育て隊」に続き、今一番活発なチームである。今回はパエリアに続く新たなるテーマ、カリフラワーに挑むべく、私が一番美味しいと思っていたカリフラワー料理を試してもらうためにBalaboostaにご案内したのだが…。
むむっっ、ノリータからヴィレッジに場所が移転してメニューも変わってしまったのか?昔と全然違う!クラッシュしたピーナッツタヒーニのかかったこれはこれで美味しいのだが、研究対象になるほどではないなぁと隊員達は厳しい結論を下す…。


でもこのアーティチョークにカダイフをまぶすというのはちょっと試してみたいかも…。


大好きな芽キャベツは、ゴールデンLabaneh(ギリシャヨーグルト)のソースに、ハニー・ハリッサとマンゴーのレリッシュで、甘辛スパイシーが癖になるお味。


日本のナスはかりかりのシャロットをアクセントに、アジアン・タヒーニとハリッサのヴィネグレットで。うーん、これも以前の激うまとろとろナスのペーストに比べるとややお母さんのナス炒め風。


グリルしたタコとフィンガリングポテトはハリッサのアイオリソースで。ハリッサをあれこれ使う技は参考になるな、シェフがハリッサ推しなんだろうか…。


話に夢中で、すでに何だったか覚えていない謎のもの。


甘党の皆さんはデザートも。タヒーニのクレーム・ブリュレ、上にのっているペルシャの綿菓子がついつまみたくなるお味。
工夫された野菜料理も楽しめて美味しいのだけれど、やはり「こ、これはまさに次のテーマ!」と気になるもの全部作り隊がガガーーンと(ここで稲妻マーク)と天啓を受けるには物足りず。究極のカリフラワーを求めまだまだフィールドトリップは始まったばかりなのであった…。

Balaboosta
611 Hudson St, New York, NY 10014 

◆カリフラワーが絶品だったころの記事は、こちら
また食べたいのにかなわぬのが無念。

| trackback(0) | comment(0) |


<<皮かりっとサーモン | TOP | アルゼンチンBYOBとリカバリーソックス>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/3764-52b94f9b

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS