2011/02/02 (Wed) 大江千里トリオ


初めて耳にした、Senri's Jazz!
Tomiジャズにて行なわれた2日間のライブのうち、この日は音楽学校の仲間とのトリオ演奏。いつもぎりぎりまで告知してくれないから、「もっと早めに宣伝してくれればいいのに~」と泣きを入れると、「だって…恥ずかしいし」って、
それが日本で何千人もの観客の前で歌ってたひとの台詞っすか~。


キーボード専門誌の編集者時代から、ソニーマガジンズを中心にした音楽雑誌のライター時代まで、千里くんにはそれこそ数えきれないほど取材をさせていただいた。
いつでも音楽のことを、真摯に熱く面白く語ってくれた。真摯すぎて、ポップな大江千里をあっさりと日本に置き去りにしちゃって、ニューヨークにジャズの修行に来てしまったのだから大胆じゃのう。去年、真冬のブルーノートでばったり再会したのが、二十年ぶりぐらいだったかな。

この日のライブに、ポップなアーティスト、大江千里は姿を消していた。いたのは、ジャズ・ピアニスト、Senri Oe。
饒舌な歌詞やヴォーカルはなかったけれど、言葉はあった。
スウィングする鍵盤のなかに、それはもうたくさんのやさしい詩が。

Senri Oe (Piano)
Rudy Simah (Bass)
Joe Abrams (Drums)

Tomi Jazz
239 East 53rd St. New York, NY 10022

楽しみもの | trackback(0) | comment(2) |


<<快感タブレット・カッター | TOP | BYOB和食女子会>>

comment











管理人のみ閲覧OK


なにをかくそう 

何を隠そう、僕と大江さんは遠い遠い親戚らしいです。
伯父の奥さんの従姉妹の子供、などという、ほんまかいな度が満点の情報を親から聞かされ、なんとも複雑な気分になった中学時代……

ちなみに現在、ジャズトランペッターがいい味出してる大長編の著者校中。どのみち血の繋がりはない姻戚関係よりも、ジャズつながりで妙な御縁を感じてしまいました……

2011/02/04 15:56 | タケウチ [ 編集 ]


タケウチさん♪ 

へぇぇ、面白い~、その遠さがなんとも(笑)。ちなみにうちの実家のお隣さんは、姪ごさんが榊原郁恵さんだって。これは意外に近い?(でも見たことないけど)
ジャズの管楽器の音も大好きです。それにしてもタケウチくんの言う大長編だと、本当に長いんじゃろうなあ、ゲラ読みも長丁場ですよね。がんばってくだされーー。

2011/02/05 04:48 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/510-e69a104b

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS