2011/04/02 (Sat) 利休を偲ぶ


毎週通っている、裏千家ニューヨークセンター。初めてレンガ造りのビルに足を踏み入れたとき、マンハッタンのど真ん中にこんな静謐な庭や茶室があることに、びっくりしたものじゃった。


この日は利休忌のお茶会へ。
茶花は、菜の花。利休が愛した花だからという説と、切腹のまえの最期の茶会に生けた花だから、という説があるとか。お菓子も緑に黄色の愛らしい花模様。利休忌よりまえには、この花は使われないそう。
まだ春には遠いニューヨークだから、花寄せに使う花々の調達にも苦労されたと、あとで先生が明かしておられた。


露地には、故・山田先生が好きだったという内腰掛。
そしてこの日は、お茶仲間のアニーがもうすぐ祖国の台湾に帰ってしまうため、彼女にとってNY最後のお茶会に。
いろいろなものをしずかに偲びながら、惜しみながら、濃茶をそうっと口へ運んだ。

Urasenke Chanoyu Center
裏千家 義援金の受付について
裏千家として、東北地方太平洋沖地震で被災された会員の方々への支援を行うため義援金の口座が開設されています。

和もの | trackback(0) | comment(0) |


<<春のフェアウェル・ブランチ | TOP | ジャック・ペパンさんの鴨レシピ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/560-d1b655be

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS