2011/07/07 (Thu) ルー・ドナルドソン・カルテット


ルー・ドナルドソンのオルガン・カルテットへ@バードランド。84歳になるジャズの大御所はいまも現役ばりばり、アルトサックスのブルージーな旋律もむろんいいけど、高めの枯れた歌声(と枯れたジョーク。笑)もまた味わい深し。
才あるミュージシャンはそこにいるだけでもう音楽、なのだな。まわりを「音楽のある絵」にしてしまうのだ。などと、居心地いい老舗のジャズクラブでも地下鉄構内でも、幾度となく気づかせてくれる町であることよ、ここNYは。
ドラムは田井中福司さん、ギターはエリック・ジョンソン。そして敦賀明子さんのオルガンが唸りまくるわスウィングしまくるわで、かっちょええこと。レスリースピーカーの回転音ぐらいのえらい勢いで心、震えた。そして皆の熱いソロを悠々と眺めるドナルドソンの笑みがまたよかった。


明日までやっておられるようなので、ジャズ好きの方はぜひバードランドへひとっと飛びしてみては~。ちなみにここ、南部料理が美味しいことでも有名なクラブ。ばがでかいフライドチキンとマッシュポテトにグレイビー、カラードグリーン平らげて、ディープな音の世界へさらに奥深く入り込んだ夕べであった。

Lou Donaldson Organ Quartet at Birdland
315 West 44th St. New York, NY 10036

楽しみもの | trackback(0) | comment(0) |


<<ファラフェルと外階段 | TOP | プランターでモザイク遊び>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/663-8200a03a

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS