2011/08/20 (Sat) マダガスカル!


広大なブロンクス動物園の敷地は、なんと東京ドーム23個ぶんだとか。すべてを足でまわるのは老体にはキツいので、シャトルにそそくさと乗り込む軟弱者であった。
一度チケットを買えば、何度でも乗り降り自由。大自然のなかを走っているようで気持ちがよいのう。しかし広すぎて、そう簡単に動物たちを目にせず。まわりはただの木立…?


目指すは「マダガスカル!」セクション。のはずが、途中で水牛にひっかかる。そこには、水牛への愛に満ちた館員の女性が待ち構えていて、西部で絶滅寸前だった水牛たちがいかにこの動物園で手厚く保護され、復活したかを熱く語ってくれのだった。


無骨な姿もいとおしく思えてきた。これからは、モッツァレラをありがたくいただくことにしよう。館員はあと小一時間は話していたそうだったが(ほかに人はいない…)、水牛だけで終わってしまいそうなので、別れを惜しみつつ、


ようやく目当ての場所へ。すでに頭のなかには「アーイアイ、アーイアイ、おさーるさぁんだよ~~」の節が。


ウォールストリート・ジャーナルで金融動向に目を通すお猿に、


くー、かわいい、チェブラーシカ?


コクレルシファカさんもマダガスカルに何種もいるレムール(キツネザル)科。長~くて低い呼び声で仲間を呼ぶらしい。聞いてみたい。


マダガスカルにしか生息しないというアカエリマキキツネザル。ちょっとあんた、なんでブロンクスにいんのよ? しらんがな。


ワオキツネザル、この目立つ縞々しっぽをあげて、自分の位置をしらせるらしい。ほほう、道に迷いにくいのう。

お猿以外にもワニや魚など、マダガスカルの生物たちがたくさん。そして隅っこにはマダガスカルのゴキブリコーナーが! どこの出身だろうが、可愛くないものは可愛くない。しかも鳴くらしい。ぞわわーーとしつつ、そこだけは遠巻きにして立ち去ったのじゃった。

ブロンクス動物園
2300 Southern Blvd, Bronx, NY 10460

散歩もの | trackback(0) | comment(5) |


<<動物園の地味コーナー | TOP | 肉に粉?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんばんは
サル、かわいいですね。
本当に新聞読んでるみたい!猿の惑星風。
水牛も写真だとぬいぐるみのようで愛くるしいです。
ホントのマダガスカル、1度は行ってみたいです。イグアナ見たい。爬虫類大好きです。
ともそさんはやっぱり動物園とかに行ったらスケッチとかするんですか?
私は植物園とかでスケッチしているおじいさんの絵をのぞき見するのが大好きです。

2011/09/26 01:31 | 木曜 [ 編集 ]


 

↑...ガラパゴスと間違えた...。
脳みそが働かなくなってきたのでそろそろ寝ます。
おやすみなさい。そして失礼しました。

2011/09/26 01:43 | 木曜 [ 編集 ]


木曜さん★ 

ふふふ、ガラパゴスとマダガスカル…確かに響きが似てますね。
マダガスカルの爬虫類もカラフルで綺麗だったですよー。
スケッチは…大昔、東京の井の頭公園の池で鴨を描いたりしてましたが、最近動物園や植物園ではしてないですねー。
見たい動物がたくさんいすぎて、ひとところにじってしていられない(笑)。
でも私もひとが描いていると必ず覗く派です!

2011/09/26 05:29 | ともそん [ 編集 ]


 

初めておじゃまします。
マダガスカルコーナー・・・さすがサルばかりですね(笑)。私はマダガスカルに2年住んでいましたが、ふら~っと歩いてサルに遭遇ってなことはなかったような。ワオキツネザルの日光浴、見ました??

またおじゃまさせてもらいますねー!

2011/09/27 04:02 | ポカネル [ 編集 ]


ポカネルさん★ 

はじめまして♪ なんとマダガスカルにお住まいだったんですねー、うらやましい!
いつか行って見たい国のトップなのです、マダガスカル。
ワオキツネザル、木のうえでダララーンとめちゃリラックスしてるのはいたけれど、
足広げた日光浴スタイルは見られなかった! うー、また通っちゃいそうです。

2011/09/27 04:30 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/745-d7cc9b51

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS