2011/11/06 (Sun) 甲羅組の牡蠣


編集さんから「とても大ぶりでぷりっぷりの冷凍牡蠣を売っているオンラインショップがある」と聞き、いてもたってもいられず翌日には注文したのが、この甲羅組の牡蠣。名前からすると、蟹をメインにしたお店かなと思ったけれど、蟹や牡蠣だけじゃなく、甘海老、ねぎとろ、海草、なぁんでもあり。
送料無料、しかも注文して翌日に届くところがすんばらしい。


どれどれ、と開けてみると、うわ本当に特大サイズ。「2L」のところに印がしてあるけれど、3Lになったら一体??


全解凍せずに、流水で表面がごく薄くとけるぐらいで調理するのがコツだそうな。表面を溶かしたら、軽く塩胡椒して、小麦粉に青海苔を混ぜたものをビニール袋のなかでしゃかしゃかとまぶす。オリーブオイルでじゅー。このとき、なるべく触らないようにして焼き色をつけるべし。
まぁ焼いても縮まないわよぉ、奥さん立派よぉ。お皿のお供は、舞茸とししとうの炒め。
柚子を絞って頬ばると、牡蠣の滋味が口いっぱいに広がって、ほぅぅと頬ゆるむ。
ひと袋を家族三人で食べてあと一食ぶんあるけれど、あまりに感動したため、再度たのもうかとカレンダーとにらめっこしている。帰国まであと何日…。

甲羅組
回し者でもないし、アフィリなんとかもやってないけど、牡蠣や蟹ラブのひとにお勧めだす。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<美肌鍋たべても | TOP | とぶさかな>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/790-42ff5905

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS