2011/11/26 (Sat) 感謝祭明けてのビール尻七面鳥


感謝祭の翌日の閑散としたスーパーにターキーを買いに行き、そのまた翌日に嬉々として焼いたのは、我々ぐらいじゃなかろうか。
しかしどうしても試したくなってしまっのだ。
感謝祭当日は、友だち宅にお呼ばれしてうまうまなラムレッグのローストをいただきながら、こんな話をしていた。ターキーってさぁ、別に食べたいってもんでもないよねぇ。そうそう、なんだかぱさぱさしてるし、焼くのに時間かかるし…。
そんなことを言い合っていたら、「いやもしかしていつものビール尻チキンのレシピなら、ジューシーに焼けるのではないか」と思い立ったのだった。そこで登場、いつものビール尻チキンのお助けグッズ。缶ビール・スタンド。ホーム・デポで発見してから、愛用中だ。燻製隊長、「こんなに必要ないよな」とすかさず半分ぐびり。


そのつまみ食いならぬつまみ飲みしたビールを七面鳥さんにぐいっと入れれば、焼いているあいだ中、外はじゅーじゅー、中は酒蒸し状態に。以前はこのビールに刻んだシャロットや玉ねぎなんかを入れてみたのだが、そう変わりがなかったので本日は省略っ。
それにしてもこの鳥はどうしてこんなに大きいのだ。ようやく小さめなヤングターキーを見つけたけれど、それだって10ポンド。パスマークからかついで帰る隊長の顔は、子泣き爺を背負っておるように段々険しくなっていた。それもこれも実験魂のせい。


予想通り、なかはほっくりジューシー。外側にまぶした、チリやブラウンシュガーを混ぜた甘辛スパイスの焦げた香りもなんともよろし。


でも一番美味しかったのは、おなかに詰めこまれていたレバーやハツにスパイスと小麦粉まぶしてソテーしたものだったり。
それにしても5kgの七面鳥、残りをせっせとジップロックに詰めて冷凍する作業だけでもひと苦労じゃった。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(2) |


<<ブライアント・パークあたり | TOP | 炊飯器deレンズ豆スープ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


考えたこともなかったけれど、 

Thanks Givingの翌日、ターキー買う人ってどれくらいいるのだろう・・・?一年で一番ターキーが売れない日だったりするのかしら。それとも意外にThanks Givingに食べ逃した人が買ってたり?Thanksgiving前より安くなっていたりするのだろうか。

うちもM先生とともそさんに教えていただいて依頼、Beer Can Chicken、気に入ってよくやってます。Thanks Givingのターキーも旦那が張り切ってBeer Can Turkey作ってました。このやり方がやっぱり一番身がしっとりしますよねん。

2011/12/24 04:15 | ヨウコ F [ 編集 ]


ヨウコちゃん★ 

感謝祭翌日のスーパー、まだ売れ残りのターキーはたくさんあるし(しかしセールにはなっておらず。ちっ)、しかし店はがらがらで(皆さん、食べ疲れで休息日?)、なかなかよかったよ(笑)。
あ、ヨウコちゃんのところもBeer Can Turkey作ったって言ってたもんね。私もこれが一番ぱさぱさにならず好きなレシピだなあ。
クリスマスもビール鶏でGo~!

2011/12/24 08:04 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/804-cf34260b

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS