2018/07/03 (Tue) 妥協のスモークサーモン・サラダ


隊長が珍しく「今日、日系スーパーに寄ってこようか?」というので、張り切ってグーグル・キープ(便利!)に買い物リストを作っておいた。「じゃあ晩御飯、買ってきてくれるもので頼っていい?お刺身かなー」と聞くと、途端に「そ、それはプレッシャー」と弱腰に。私も忙しくて買い物に遠出できぬので、バックアップにスモークサーモンを買っておいたところ…。案の定、会社で問題がおきたらしく結局ダイノブに寄れなかったとのこと。
人に頼ってはならぬ晩ごはん。……学んだことである。
ということで美味しいお刺身を食べ損ねた日の妥協ごはんは、スモークサーモンのサラダ仕立てタプナードソース(ブラックオリーブのタプナード、オリーブオイル、レッドワインビネガー)、とうもろこし、ありあわせのつまみあれこれ。


友達にいただいた珍しいケールのつぼみ。ハンプトンの人気ファーマーから買ったものだそう。自然の色って綺麗だのう、早速蒸して辛し和えに。香りがスーパーのケールに比べてたくましく強い。ありがとうHちゃん。


家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2018/07/02 (Mon) 鶏とカシューナッツとデーツの炒め


もう1週間ほど続いておる雨模様、この時期は園芸に励みたいのにままならず。デランシー通りを傘さしてうろうろ、雨に濡れた若葉が綺麗でしばし、灰色の空に射す緑を見上げる。
雨散歩を終えた日の晩ごはんは、NY Times Cookingのレシピで、「この材料なら絶対美味しくないはずがない! でも手間かかる…」のレシピを隊長にそっと横流しして作ってもらった、鶏とカシューナッツとデーツの炒め、Sesame Chicken with Cashews and Dates。



酢とライムの酸味、デーツと生姜が溶け込んだ甘くスパイシーなタレ、たっぷりのパクチー、絶妙のバランス。これは我が家の定番入りにしよう。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2018/07/02 (Mon) 今週の10分弁当~海老ちらしにグルーパーのコーンミール焼き


10分で詰めてフタ閉めますよ、な10分弁当。
ケイジャンボイルの海老ちらし、カリフラワーのカレーロースト、さつまいも煮、ブロッコリの茎とこんにゃくのぴり辛炒め、ベイビースピナッチのサラダ。どうして枝豆やそら豆を見ると、変にレイアウトしたくなってしまうのだろうか。豆レイアウト症候群か。


グルーパーのスパイス・コーンミール焼き、舞茸ロースト、ブロッコリとカリフラワーの茎ラー油和え、さつまいもとほうれん草のサラダ、自家製なんちゃってきゅーちゃん。ああ、きゅーちゃんのぱりっと感が惜しい、きゅーちゃん道をもっと精進せねばのう。


海老とアスパラのチリソース、ハラペーニョ入り卵焼き、ゲソとセロリのきんぴら風。白菜のサラダをベイビースピナッチにのせるというところにやや強引さが見られますな。


カルビ焼、ハラペーニョ入り卵焼き、セロリきんぴら、椎茸含め煮、わさび胡瓜。わさび胡瓜、と、さも料理名のように言ってみたが、生の胡瓜にわさびチューブを絞っただけの件。

弁当もの | trackback(0) | comment(0) |


2018/06/29 (Fri) 鮭の酒粕味噌焼き


冷凍庫の奥の奥。そこには、人知れぬ魔界があるという…。健康ブームに乗ってつい買ってきたものの、ものの数秒で忘れ去られた食品。いただいたものの、どう使うのか思い浮かばぬまま大切にとってある日本土産。
そんな魔界から発掘した酒粕で、本日の晩ごはんは、鮭の酒粕味噌焼きを作ってみる。酒粕、みりん、味噌パウダー、だし醤油を混ぜたものに鮭を漬けて1日。上にも塗ってフィッシュロースターで焼いてみたら、なかなかであった。そして今度は上記で作った酒粕ミックスが、冷蔵庫の魔界別宅へと移動していった…。下から上に移動しただけ…?
ほかには、美味しいのだが絡まってややこしいことになりがちなクレソンの芽のサラダ、クスクスとローストした松の実、パクチーでタブーレ風サラダ、ポテトとビーツのサラダ、スパイシーローストひよこ豆など。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2018/06/27 (Wed) 焼き焼きな週末メニュー


メモリアル・デーの週末メニュー(相変わらず更新遅い件)。
なんだか天候がすぐれぬ予報だが、通常なら全国的にグリルでBBQデイ~!のはずなので、張り切ってベイビーQをバルコニーへと引っ張り出し、仔牛のレバー、うずら卵、舞茸、ししとう、自家製フラットブレッドをじゅー。残り少なくなってきた行者にんにく甘酢漬けと。
相変わらず週末は地下鉄が動いておらぬので、バスでディープなチャイナタウンにいこうと思うもバスがまるで来ない。結局猛暑の中歩いて歩いて、辿り着いた肉屋さんでステーキ肉とレバーを買ったのであった。この店にはこのあたりで唯一A5ランクのビーフがおいてあるのだ。そしてこの仔牛のレバーも行くたび買うのだが、必ず店員さんが嬉しそうに「このレバーはいいよぉ」という自信の品、すでに売り切れ間近だった。確かに柔らかクリーミィ、レバーの臭みまるでなし。


本日日曜は雨模様、園芸と窓掃除に頑張ろうと思っていたのにだめであった(内心、ほっ…)。それにしても、うずらの卵は美味しいけれど、むくのがイラっち…。鍋の中でしゃかしゃかゆらしてヒビを入れても、途中で破れて気味が出てしまうときの、敗北感たるや。
帆立のグリル、うずら卵、こごみの辛子マヨ和え、ししとう、フラットブレッドを妥協のスキレットでじゅーと焼く。


せっかくのBBQデビューな連休なのに結局1日しかできず、本日も肌寒いので室内でスキレットにてリブアイをじゅー。それでも、ガスが使えて重いスキレットもかんかんに熱くなる生活に感謝。クリントン通りをたったか散歩して、滑らないハンガーを何本も買った。
そして本日は2日間冷蔵庫でエイジングさせておいたリブアイ・ステーキ、うーむA5はさすがに脂も甘くて美味しいのう。しかも禁断の高カロリーなアーティチョーク・ディップのせ。芽キャベツ、うずら卵、フラットブレッド。
まぁよくじゅーじゅーやりつつ、うずら卵を食べ続けた3日間であったことよ。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS